首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【シューケア】コロニル 1909シュプリームクリームはやはり万能!RIO プレーントゥ コードバンの普段の手入れに使ってます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事でも紹介しましたが、もはや首藤の相棒とも呼べる、コロニル1909のシュプリームクリームをご紹介します。

 

www.shudo-kawagutsu.com

 

ご紹介しますって言っても、超定番品でもう情報なんて出尽くしてる商品なので、本当に今更なんですけどもね。笑

 

それでも首藤は紹介せずにはいられないのです。

 

前にツイッターか何かで「すでに紹介し尽くされてる靴磨きの方法を、なんで敢えて自分のブログにも載せるのか?」というつぶやきを見かけたことがありまして。

純粋に疑問に思われていたようで、首藤もそれを見てアー確かにと思ったんですよね。言われてみればそうだなと。靴磨きもシューケア商品の紹介も、もうすでに沢山出てるんですよね。

 

普通に考えれば同じような情報になるので、特にいらないのでは?とも思うので確かになんでだろうと思ったんですよ。

そこでちょっと考えてみたんですけど、たぶんこれはブログ書いてる人特有の感覚なんじゃないかなーと思うんですよね。それか完全に首藤だけかもしれませんので、完全に主観なのでご容赦を。

 

首藤の結論として一番大きな理由としては、自分の世界を完成させたいから、だと思うんですよ。

 

色々考えてみたんですけど、商品の良さを自分の言葉で伝えたいとか、レビューは沢山あった方が良いとか、そういう理由もあるんですけど、首藤的には一番これが大きいのかなーと思います。

 

ブログって自分が作り上げた自分だけの世界なんですよ。

記事を一生懸命書いて、ジグソーパズルみたいに少しずつ自分なりの地図みたいなものを、完成を目指していく感じに近いのかなと。

 

自分の世界故、そのロードマップみたいなものを、自分自身で完成させないと意味がないんですよね。出来るだけ自給自足できるようにしたいんですよ。

「シュプリームクリームは有名で定番だから、他のブログ見ればわかるよねー」みたいな感じの、言わば輸入に頼りたくないというか。笑 とか言って首藤はパラブーツのブランド説明書かなかったですけど

自分のブログを見れば、全て網羅されているようにしていきたいんですよねきっと。できる限りですけど。

 

言ってしまえば8割は自己満ですね…笑

そこは、商品の良さを自分の言葉で伝えたい、レビューは沢山あった方が良いという2割の建前でカバーしていただきたいところです。

 

なんか導入が長くなってしまいましたが、紹介していきたいと思います!

 

 

Collonil(コロニル)について

コロニルとは!

 

コロニルは、1909年にドイツで誕生したレザーケアブランドです。
工場用の保革オイルの販売からスタートし、今日では私たちの身の回りにあるあらゆるものを大切にするために必要なブランドとして、世界中で信頼されるようになりました。

 

これらの伝統・革新・責任が、世界中で信頼され100年以上も愛用され続ける理由です。
ものを大切にしたいとお考えの皆さま、この業界100年のベテランであるコロニルに、どうぞ安心しておまかせください。

出典:コロニル|Collonil.jp

 

コロニルはドイツの名門シューケアメーカーですね。

今や靴業界で知らない人はいないほど、大ヒット商品を生み出している企業です。

 

個人的にコロニルを初めて知ったのは防水スプレーでした。

 

めちゃくちゃ使い勝手がよくて、素晴らしい防水性能にコロニルの凄まじさを感じたのを覚えてます。それまでおもちゃみたいな防水スプレー使ってたってのもあるんですけど。笑

 

それからコロニルすげーーーーとなり、芋づる式に色んな製品に手を出していくことになります。

 

1909 シュプリームクリームデラックス!

コロニルにはたくさんの名作がありますが、その中でもこのシュプリームクリームはトップクラスの知名度なのではないでしょうか。

靴磨きを楽しんでいる人なら、一度は使ったことがあると思います。

 

まだ使ったことないという方は、財政に余裕があるときに是非買ってみてください!一つ持っておくと非常に便利です。

 

商品説明と基本情報!

・説明:

皮革への浸透力の高いシーダーウッドオイル、ラノリンなどの天然オイルを配合した皮革のための最高級栄養クリームです。
バランス良く保革・栄養効果、柔軟性を与え、補色性にも優れています。
皮革内部へゆきわたることで微細な皮革繊維に潤いを与え、深みのあるしっとりとしたツヤが生まれます。
フッ化炭素樹脂が撥水効果をもたらせます。

 

・カラー:7色展開

ブラック、ブルー、バーガンディー、ミディアムブラウン、ダークブラウン、タン、カラーレス

 

・仕様

【容量】100ml
【成分】シーダーウッドオイル ラノリン フッ化炭素樹脂 ※有機溶剤不使用
【対象素材】スムースレザー(ツヤあり) ※コードバン、ブラッシュレザー(特殊研磨加工された皮革)、ツヤ感のある爬虫類皮革にも効果的です。

 

出典:1909シュプリームクリームデラックス - コロニル|Collonil.jp

 

キャッチコピーは ”しみわたる栄養、生まれるツヤ”。

なんとも絶妙なキャッチコピーですね。嫌いじゃないです。笑

 

使い心地は非常にサラサラしていて、他のクリームと比べてプルプルの質感でベタつきがありません。

なめらかプリンみたいな触り心地ですね。なめらかプリンに指突っ込んだことはないんですけど。

 

どれぐらい固めかというと、こうやってひっくり返しても、落ちてきません。

 

 

とかいって今気づいたんですけど、クレムもビーズリッチクリームも普通にひっくり返しても垂れてこないですよね。全然普通のことでした。なんでこれやったんだろう意味わかんない。

 

クレムやビーズリッチと比べると、質感は柔らかめ。プルップルで伸びが良く、浸透力が高いイメージです。

 

何よりべたつかない。ほんとこれに尽きる。最高。靴クリームの中ではいい匂いだし。

匂いはクレムに比べると1200倍ぐらいいいです。

 

 

コードバンに使える!

OXBLOODとの相性?

あと実は、代理店のチェラウナボルタが、ディンケのコードバンには無色のシュプリームクリーム推奨してるんですよ。

 

ディンケのコードバンて自然仕上げなので、通常のコードバンより色の変化が大きいらしいんですよね。

なので、無色のクリームでケアしていくと、OXBLOODの場合は退色して、かなり赤味が増すようなエイジングをしていくんだそうです。オールデンのカラー8よりも、たぶん変化の度合いは大きいんでしょうねきっと。

 

ameblo.jp

詳しくはこちらの代理店ブログで。色の違いがエッグいです。笑

 

コードバンとの相性

商品説明にも書いてましたが、コードバンにもいいんですよね。

【対象素材】スムースレザー(ツヤあり) ※コードバン、ブラッシュレザー(特殊研磨加工された皮革)、ツヤ感のある爬虫類皮革にも効果的です。

 

勝手なイメージですが、シュプリームクリームは水分と油分を、バランスよく良い感じに補給できている気がします。

なので困ったらこれ一本でOKだと思ってます。クレムだとめっちゃ油分だからデリクリいるかなーとか思うんですけど、シュプリームクリームならいっかなーみたいな感覚。(合ってるかわかりませんよ)

 

ということで実際に使ってみましょう。まずは汚れ落としてすっぴんにしましょうね。(めんどくさいときはブラッシングだけで終わらすときもあります。)

 

まずはすっぴんに戻す!

馬毛ブラシで埃落として

 

ステインリムーバーで汚れ落としまーす。

ワックスはのせてないので、水性のステインリムーバーだけでOKです。

 

はいとれたー

 

 

良い感じにすっぴんですね。

 

 

RIOに使ってみる!

塗る!

 

シュプリームクリームを指にとって塗っていきます。

固めのプリンみたいな感じなので、適量がうまいこと取れません。なのでいつもごそっと取り過ぎてしまいます。

 

 

でもめっちゃ伸びがいいのでまあいっかの精神で塗っていきますよ。

ヴァンプにドーンと乗せて、そこから塗り広げていくと、これぐらい取れば全体にカバーできると思います。

ちょっと足りなければ、容器のはじっこについたやつをちょっとずつ取って足していきましょう。

ほんとに伸びがいいので、サササーっと塗れば全然足りると思いますけどね。その辺は使いながらご自身で調整してください。

 

左足だけ塗りました。シュプリームクリームも通常のクリーム同様塗った部分が乾燥して白くなりますね。

 

両足に塗り終わりました!

 

ブラッシング!

豚毛ブラシでゴシゴシしていきますよー!

ブラッシングは特にここで言及することはないので、いつも通りにブラッシングしてあげてください。

 

 

豚毛ブラッシング終了。

いつもならここで終わりでいいんですが、新しい豚毛ブラシをつかったせいか、めちゃくちゃマットな仕上がりになってしまいました。(光の加減でツヤっとして見えますが、実際はかなりマットです)

 

ここで普段使ってるブラシとの違いを感じて、豚毛ブラシも育つんだなぁということを実感した次第です。マット過ぎてびっくり。艶消しかな?っていうぐらいマット。

 

↑実際のマットさは上の画像ぐらいな感じ。コードバンなのにマットでしょう?このマット野郎!!

 

ということで登場したのが、我らが山羊毛!YAGI-KE!!(やぎけ?やぎげ?あなたはどっち派?私は喉から。)

 

もう使いたくてしょうがないんですね。笑

それを差し引いてもマットな仕上がりで終われないので、山羊毛ブラシでツヤを復活させたいと思いますよー!

 

以前THE LOUNGE by Brift H の林田さんが、この山羊毛を買うときに、「シュプリームクリームなんかの艶出しにもいいですよ!」と言っていたのを、ふと思い出したのであたかも最初から覚えていたみたいな体でブログに書いておきます。

そうです。山羊毛はこういうときの艶出しにもいいんですよ!だから買ったみたいなところありますからね。

 

そして使ってる部分の画像はないんですけどね!笑

使っていつも通りブラッシングしたーという体で進みますよ!

 

山羊毛ブラッシングの結果!!

フィニッシュ!アップで見てみよう!

 

 

山羊毛ブラシの結果、艶を取り戻しましたよ。脱マット!

普段使ってる豚毛ブラシなら、シュプリームクリーム一つでこれぐらいの艶は余裕で出てくるので、本当に万能なクリームだなーと思います。

 

RIOにシュプリームクリームを使うと、最終的にはこのぐらいの自然な艶です。ディンケらしい艶ですねぇ。

オールデンのコードバンとは少し違うような感じがしますねやっぱり。仕上げなのか厚さなのか革の選別なのか。その辺はよくわからないですけれども。

 

 

サイドとバックです。

コードバン特有のピッカピカ!濡れ艶!!みたいな感じではないですが、良い感じの光り方ですね。じんわり系でやっぱりこの靴はこれぐらいが好きです。

 

シュプリームクリームの使用感!

シュプリームクリームの艶は、クレムみたいにギラっとしてなくて、ちょっとライトな感じの光り方ですかね。

見た目からサラッとしているのがわかるような、さわやかな艶が出てきます。

 

RIOぐらい重厚な靴だとクレムみたいなギラ艶が出ててもいいのかもしれませんが、プレーントゥなのでちょっとかわいいシルエットになりますから、それよりもシュプリームクリームぐらいのさわやかな感じが合っている気がします。

 

あとは使っていて、ほんとに気軽な感じだなぁーと思います。

他のクリームって、なんか「塗ったるでぇ~~」っていう気合を入れないといけないというか、気軽にサササーっと濡れないんですよね。

 

その点シュプリームクリームだと、寝る前とかにちょっと気になったら蓋開けて指で塗ってサッとブラッシングして、手洗って寝るみたいな。

 

質感がそうさせるのかわかりませんが、すごいお手軽なイメージがあります。なので普段使いのずぼらメンテにめっちゃくちゃぴったりなんですよね。

 

クレムとかビーズリッチも当然好きなんですが、「私は今、クリームを、塗っています!!」みたいな謎の決意が必要なんですよね。

自分でも書いてて意味わからないんですが、とりあえずシュプリームクリームは匂いも悪くないしベタつかないし、手洗って落としやすいから気軽なんだなって思ってもらえればいいです。

 

 

まとめ

靴クリームって色ごとにクリームをそろえたり、色々買わなきゃならないですが、最初のクリームに超おススメです。

 

何から買ったらいいの…となってる方はとりあえずシュプリームクリームの無色買ったらいいと首藤は思いますよ。

その後、靴の色に合わせて色々なクリームも試しつつ、そろえていったらいいと思います。

 

たぶんですけど、どっかでは必ず使ってるので、この無色のシュプリームクリームを使わなくなるってことはあんまりないと思います。首藤の場合は今のところないですね。

 

なくなったら確実に買い足そうと思っているぐらい。

ディンケのコードバンの退色ケア?にも最適だと思いますので、同じ目論見を持っている方も、是非これを機に如何でしょうか。