首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【シューケア】寒くなってくると出てきがちな頑固なコードバンブルーム対策!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

寒くなると革の表面に出てくる白い粉状のモノ…。

 

もしかして…、私の年収、低すぎ?!カビ?

 

なんて王道な前振りをしましたけども、ご安心ください。 

大体の場合はカビじゃない。

 

そもそもコードバンの靴を、バッチバチに濡らすことってあんまりないですよね。

 

中には雨でも気にせず履く方はいると思いますが、そういう方はしっかり履いた後にケアされてるので、こんな心配はしてないでしょう。

 

晴れの日にしか履かない大事なコードバン。 

それが何故か白くなった。

 

今日はそんなコードバンに出てきた「白い粉」の正体と対策について書いていきますよー!(例に漏れずうっすーい知識と経験談ですのであしからず)

  

  

白い粉が浮き出てる!

まずは白い粉がアッパーに浮き出てる状態を見てみましょう。

 

はい、こちら。 

 

どーん。首藤のRIOちゃんが!!

 

アッパーに何やら白い粉のような、シミのようなものが浮き出てますね。

 

これはいったい何なん? 

と、そう思う前に、まずはいつもの馬毛でブラッシングしちゃいました。

 

なんかブルームっぽいし。なんでもとりあえずブラッシングやで、な世代。悩む前にブラッシング。 

ブラッシングしてから考える派。断然革靴派。

 

 

 

なんと。

 

綺麗になったではないですか。 

ただのブルームだったかー。

  

<翌日>

 

 また出てる…!!

 

※注:フォルダサルベージの都合上同じ画像です

 

ブルームなら、一回ブラッシングすれば消えるんじゃないの!?

 

よくブログで見るパラブーツは一回で消えてるし、毎日出てくるなんて書いてませんでしたが??が???

 

ほんとはみんな毎日やってんの??? 

な感じになったので、とりあえず調べました。

 

その結果、白い粉状のものが出る原因は、大体下記の4種類であることがわかりました。

  

白い粉四天王

さあ白い粉四天王の紹介です。

 

  • カビ:キングオブ白い粉。見たものには絶望が訪れる。
  • 塩スピュー:別名塩吹き。決して塩の漢字を変えてはいけない。
  • 脂肪スピュー:主に衣料革で発生。脂肪分がアッパーに浮き出てくる。
  • ブルーム:革に染み込んだオイルやロウが、気温差などによって表面に浮き出てきたもの。

  

カビ

まずカビはいいですよね。

 

土砂降りの中歩きまわった日にケアをせず玄関に放置したりとか、ジッメジメの超絶湿度の下駄箱に長期間入れっぱなしとか、もうそういう心当たりのあるときに出てくるものです。

 

一度発見したら最後。

 

決死の覚悟で丸洗い防カビフルメンテをするか、プロにクリーニングしてもらってください。

 

雨の日は履かんし、普通にしっかり手入れして、風通しのいいところに保管していればまずカビはないので、今回は除外。

 

あとはカビは見た目と臭いでわかるっていいますよね。

  

塩スピューと脂肪スピュー

次にスピューです。

 

いや待て待てい。そもそもスピューとはなんぞや。なんぞやですよ。

 

ネットの海で泳ぎながらウォッチングしてみると、どうやら革に浸透していた塩分が浮き出てきたのが塩スピュー、脂肪分が浮き出てきたのが脂肪スピューらしい、ということがわかりました。

 

塩スピューは所謂「塩吹き」でしょうか。

 

雨などに濡れた際に、汗の塩分が革に浸透し、さらに乾燥して水分が蒸発すると同時に内部の塩分がアッパーに浮き出てくる現象です。

 

脂肪スピューは主に皮革衣料に出てくる現象らしいんですけど、革に残っていた脂肪分が表に浮き出てくる現象らしい。

 

コードバンなので雨の時履かないから、塩吹きではなさそう。 

というかそもそもコードバンに塩吹きって出るんでしょうか。 

 

よくわかりませんね。笑 

あんまり聞いたことはないですが。

 

とりあえず、汗っかきなので塩分は浸透してそうですが、塩スピューってどうやらブラッシングしても消えないらしい。そこが判断ポイントでしょうか。

 

脂肪スピューはよくわからないし、ほぼほぼ衣料らしいのでとりあえずシカトで。笑 

ドライヤーとかで温めて拭き取ればいいという、対策だけ覚えておきます。

  

 ブルーム

今回の本命、ブルームです。

 

もうたぶんこれですよね。

 

この時期、北国の夜は日によっては10度を下回るので、昼との温度差で出てきてもおかしくない。 

そもそもブルームが温度差で出てくるのかは知らないですが、とりあえず寒いときに出てきますもんね。

 

もうこれだ。

ブルームだ。

 

コードバンは元々油分やロウ分が多いですし、出てきても全然おかしくないんですよね。

 

カビと脂肪スピューは却下として、塩スピューの可能性もあるから、とりあえずブラッシングしてから判断することにしましょう。

 

そしてブラッシングついでに思い出したんですが、初めてのコードバンなので過保護に育てようってことで、ネット知識から、当初馬毛ブラッシングしかしてこなかったんですよね。

 

もしかしてそのせいもあるのかなと。 

 

もしかして馬毛ブラシでは、しっかりと油分が革に浸透していないのでは? 

浸透せず、余って浮き出た油分が、出てきてしまっているのでは?

 

とちょっと思いついたわけです。

 

なので今回は、実験的に右足を豚毛左足を馬毛、でブラッシングして、翌日確かめてみることにしました。 

 

これで、塩スピューかブルームか、ブルームならブラシの種類が原因なのかが確認できるという寸法です。

  

白い粉対策実験!結果は?

ドーン!

 

  

はい、ということで予想的中でしたー。

 

豚毛でしっかりブラッシングした右足は、翌日もきれいな状態を保っておりました。 

引き続き馬毛でブラッシングした左足は、またブルームが浮き出てしまってますね。

 

右足はこの通り、綺麗なもんです。 

逆に油分がしっかり浸透して、ちょっと艶が増したような気もしないでもないような?

 

ガッシガシ力入れて磨いたんですけどね。

 

 

続いて馬毛ブラッシングの左足。

 

多少は薄くなってきてはいますが、結構浮き出てますねこれは。

 

ブラッシング後なら履けないこともないですが、どれぐらいでブルームが再発するのかがわからないので、そんな爆弾を抱えたまま一日を過ごしたくはないですね。

 

 

ということで、左足も豚毛でしっかりブラッシングをして。 

ガッシガシ押し込んでいきます。

 

 

綺麗になりました。

 

 

最後にモゥブレイのグローブクロスで磨けば、

 

 

はい綺麗ー!

 

やっぱりなんか艶が増した気がしますね。

  

まとめ

コードバンの頑固なブルームには、馬毛ブラシではなく豚毛ブラシを使う! 

念入りに油分を押し込むようにブラッシングしましょう! 

 

また、ブルームじゃないときは、下記の手順で白い粉対策! 

  • まずはネル生地等で軽く拭いてみる。消えたらブルームの可能性が高いので、豚毛ブラシで油分を押し込むように念入りにブラッシング!
  • ブラッシングで消えなければ、塩スピューを疑う!水に濡らし固く絞った布でしっかり拭き取る!
  • それでも消えなきゃ脂肪スピュー!ドライヤー等で温めてから、しっかり拭き取る!
  • これで消えなきゃカビの可能性大!丸洗い防カビコンボかプロに頼ろう!

 

以上でござる!