首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【ディンケINFO】公式サイトでチューリッヒのニューモデルがリリース!幅狭な足型向けのイチオシラスト!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

なかなか公式サイトが更新されないから、19SSモデルはもう公開されないんじゃないかと思いましたけど、地味ーに3モデル追加されてました。笑

 

そのうち2モデルが、首藤の好きなZURICH(チューリッヒ)のラストでしたよ!

 

日本ではもう夏も終わりかけですが、ドイツではまだまだこれからなんでしょうか。

 

ドイツの季節感が掴めません…

 

そして追加されたのも3モデルて!どうせなら一気にアップデートしてほしいところですがshoepassionもきっと忙しいんでしょう。

 

忙しさは身を滅ぼしますからね。

 

首藤は今年に入ってから残業をした記憶がありません。定時でしか帰ったことがないわけですが、全然稼げなくて困ってます。残業したい!

 

40時間ぐらい残業したら、1ディンケぐらいにはなりそうなんですけどね。カーフの個人輸入限定ですけど。

 

 

 

 

ラスト:チューリッヒとは!

 

チューリッヒもそこまで有名なラストじゃないので、知らない方もいるかと思います。

 

上記の記事でも紹介してますので、まずは読んでみてくだされ。 

 

ミニマルかつシンプルな洗練された木型です。

 

全体的に「小さい」ことが特徴で、ディンケの中では中々にタイトフィットな部類じゃないでしょうか。

 

ROMもシャープな印象でしたが、見た目以上に割とサイドには余裕のある作りなので、首藤の持ちディンケの中では、チューリッヒが一番タイトな作りだと思います。

 

首藤はディンケをすべて同サイズ(6.0)で所有していますが、この靴が一番全体的なフィット感が高いです。

 

土踏まずのピッタリ沿う感覚や、足先からサイドの幅感も非常に気持ち良い感じ。

 

ディンケの踵と甲でフィットさせるという理念は残しつつ、全体の密着感を高めた絶妙な木型だと思います。

 

綺麗な卵型のトゥ形状で、どことなくエレガンスな印象もありつつ、履いた感じも綺麗に纏まります。

 

スーツにも合わせやすそうですね。

 

首藤は足幅Dワイズなんですが、この靴の幅のフィット感はまさに絶妙。痛くない程度に気持ちのよい締め付けを感じるジャストフィットです。

 

フィット感において、首藤のDワイズの足との相性でいくと、暫定1,2位を争う木型だと思います

 

幅狭だけどディンケを履きたい…!!という野望をお持ちの方にはお勧めの木型ですよ!

 

 

ニューリリースされたモデルは?

 

 

早速見てみましょうー!

 

Zürich Full-Brogue H

デザイン:フルブローグ

アッパー:オイルドヌバック(ダークブラウン系)

ソール:ダブルレザーソール

引用:https://www.heinrich-dinkelacker.com/zuerich-full-brogue-h-2.html

 

 

 

 

Zürich Full-Brogue SC

デザイン:フルブローグ

アッパー:ソフトカーフ(ブラック)

ソール:ダブルレザーソール

引用:https://www.heinrich-dinkelacker.com/zuerich-full-brogue-sc-2.html

 

 

という感じです。

 

やっぱりチューリッヒかっこいいー!

 

絶妙な丸めのラストなのに、ミニマルなデザインのせいかエレガンスなんですよねー!

 

トゥシェイプに関しては、BUDAとRIOの良いとこ取りみたいな感じがしますね。

 

カジュアルにもいけて万能選手感半端じゃないです!

 

 

でも…、

 

まさかの両方フルブローグ!! 

持ってる!!首藤もう持ってるよ!!チクショウ…!!

 

 

そしてなんとここにきて、同デザインでアッパーの種類を変えた2モデル同時リリースですよ。

 

正直ニューリリースなのか自信なくなってきました。笑

 

過去に在庫あったやつを、掲載し直した可能性も捨てきれないですねこれは。

 

まあでもチューリッヒのフルブローグ自体が欲しい!という方なら、アッパーの違いを選択できるという中々に贅沢な状況であるとも言えます!

 

なんだかんだ言ってますが、両方非常にグッドモデルですよ。

 

特にオイルドヌバックなんて、非常に興味ありますね。首藤がただ持ってないだけっていうのもありますけど。

 

代理店のブログを見る限りだと、ディンケのオイルドヌバックはくそやばいっていう話ですからね。(語彙力)

 

ちなみに首藤は、ディンケのオイルドヌバックは持ってませんが、パラブーツのヌバックグリンゴ(オイルドヌバック)のアヴォリアーズを所有しています。

 

インスタでも紹介したんですが、オイルドヌバックって信じられないぐらい撥水性高いんですよ。

 

水たまりにジャボーーンしても大丈夫!!全く濡れません。

 

オイルドヌバックという素材について、首藤はこと防水性に関しては最強だと思っています。

 

パラブーツのオイルドヌバックでこれなので、ディンケのオイルドヌバックなら同等若しくはそれ以上の能力は備えていると思うんですよね。

 

なので、いつかはディンケのオイルドヌバックの短靴をゲットしたいと目論んでおります。

 

そしてオイルドヌバックなのであれば、是非ラバーソールにしていただきたかった。笑

 

アッパーが最強の防水性を誇っても、レザーソールならあんまりタフに履けないんですよね。

 

個人的にハーフラバー貼ったとしても、あんまり雨の日には使いたくならないです…。

 

ということでディンケさん。

 

是非オイルドヌバック&ラバーソールのチューリッヒモデルを出してください。

 

出来ればフルブローグ以外で!!

 

裁判長、ここはセミブローグとかクォーターブローグあたりでどうすか?

 

 

まとめ

 

とりあえずチューリッヒが廃盤にならなくてよかった…!!泣

 

アイコンモデルではないかもしれませんが、間違いなく名ラストだと思います!

 

BUDAやRIOを手にされて次の一足に迷ってる皆さん、チューリッヒという選択肢がありますよ?

 

首藤はチューリッヒ大好き人間なので、オイルドヌバック×ラバーソール若しくは、レザーソール×アンティークカーフorトスカーナカーフあたりの、フルブローグ以外のモデルが出たら、間違いなく全ツッパでぶっこみます。

 

ハードラックとダンスっちまわないように、お金貯めてからですけど。

 

それでも気合だけは誰にも負けないんでそこんとこヨロシクぅ!

 

今日もお疲れ様でした!