首藤革靴出張所

いっけなーい!遅刻遅刻! 私、首藤。ハインリッヒディンケラッカーが大好きな物欲丸出しの30代!!革靴沼にズブズブだったけど、革靴だけじゃなくファッション全般に興味が出ちゃってもう大変!一体私、これからどうなっちゃうの~!?!?

【トゥスチール】特別なディンケには特別なスチールを!ハインリッヒディンケラッカーにRESHのEterno(エテルノ)をつけてもらおう!の巻【郵送依頼の方法も】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

RESHさんに郵送で最高にかっこいいスチール装着を依頼しよう!というお話です。

  

 

特別なディンケラッカー

f:id:shudo_ktr:20200810022827j:image

左:LUZERN(ルツェルン) ノルウィージャンダブルモンク

右:BUDA(ブダ) ダークコニャックコードバンプレーントゥ

 

首藤にとってディンケはまあ全部特別で思い入れがあるわけなんですけども、中でもこのニューカマーの二足はとびきり特別だなぁと思ったりします。

 

左の方のルツェルンのダブルモンクは初めてMTOをした一足で、その後のごちゃごちゃなやり取りや手元にやってくるまでの大変さも含めて特別だったりもするんですが、それ以上に実はブログでの収益をコツコツと貯めて、収益だけで購入した一足でもあります。

それだけにブログ頑張ったなぁ…皆さんのおかげだなぁ…という非常に強い感慨が生まれてくるバイブス溢れる一足なわけです。

 

右の方のBUDAは、首藤がディンケに憧れたきっかけとなった一足です。

インスタでアップされているこの靴を見て、ものすごい衝撃を受けたことを覚えています。そしてそのままディンケ沼にダイブしたわけなので、非常に思い出深い一足ですね。

沼にハマったあとも中々手に出来ず、このタイミングでようやくってのも面白いですが、回りまわってようやく原点に辿り着いたので、そういった意味でも非常に思い入れのある一足です。

 

そんなメモリアルなこの二足は、やはり最高な待遇で出迎えてあげたいなと思うのが親心ではないでしょうか。

 

とかなんとか言ってますが、本当は最初はBUDAだけにしようかと思ってました。笑

でも往復の送料を考えると中々にお値段に納得感がなかったのです…。

 

RESHの超かっこいいトゥスチール『エテルノ』を付けたい!

特別なディンケラッカーには特別なスチールを付けたいなと。そう思いまして。

特別なスチールってなんだ?って話なんですけど、首藤にとってはRESHのエテルノがそれにあたります。

 

f:id:shudo_ktr:20210525144642j:plain

出典:http://resh.niiblo.jp/e489760.html

これがRESHのオリジナルスチールであるEterno(エテルノ)です。

まじかっこいい。超キラキラ。前に輝きすぎて画像が撮れないって何かで言ってましたが確かに黄金の輝きがすごい。

 

f:id:shudo_ktr:20210525144836j:plain

従来のトゥスチールよりも0.5mm厚い、2mm厚のトゥスチールで、耐久性は抜群です。
表面は金メッキ加工を施し、社内では「王様のスチール」との呼び声もあります。

出典:http://resh.niiblo.jp/e489760.html

最強の硬度とも噂される極厚金属スチールです。かっこよくて耐久性も素晴らしいなら言う事なし。ちなみにこの2mmというのはハーフラバーと同レベルの厚さらしいです。笑

 

お値段は4,200円(税込)です。全然高くない!!場所によるけどトライアンフとほぼ一緒!アツい!!

 

f:id:shudo_ktr:20210525145451j:plain

画像上Piccolo(ピッコロ)
画像下Grande(グランデ) 

出典:https://resh1192.tamaliver.jp/e476694.html

ちなみにエテルノは現在2サイズ展開。小さい方がピッコロで大きい方がグランデです。靴のデザインやラストによってこの辺は変わってくるでしょうが、ディンケに付けるなら断然グランデです。

 

こちらはオリジナル素材のためRESHでしか取り扱いがありません。

付けたいならお近くのRESHへどうぞ、となるわけですがなんと北海道にはRESHはありません。付けれません。どうしよう。ということで郵送依頼です。

 

郵送依頼の方法

首藤が依頼した時はまだちゃんと郵送システムが整ってなくて(たぶん)こちらのブログのやり方を参照しました。

 

たぶん今だったら間違いなく下記などからLINEとかHPのお問合せから依頼した方がいいと思います。理由は後述します。

修理相談|お問い合わせ | RESH

 

ということで首藤がとった方法は下記の通りです。

①修理したい靴を下記の住所にご配送ください

②工房に靴が到着次第、お客さまにお電話させていただきまして修理箇所の確認と修理内容のご相談

③修理を開始(納期は修理内容によって異なります)

④仕上がり後、お電話にて靴の到着日時のお打ち合わせ~代引きにてヤマト運輸配送

⑤お客さまのお手元に修理された靴が到着と同時にヤマト運輸のサービスマンに現金にてお支払いいただきます。

出典:https://resh.tamaliver.jp/e466412.html

 

要は事前連絡なしにそのまま靴送ったらRESHから電話がかかってくるのでそこで依頼して対応完了後ヤマトで代引きで帰ってくるよという感じ。

 

ということでそれに則ってやってみましょう。

 

f:id:shudo_ktr:20200810022807j:image

まずは適当な段ボールに靴を詰めていきます。

 

f:id:shudo_ktr:20200810022820j:image

プチプチに来るんで詰めていきます。

 

f:id:shudo_ktr:20200810022823j:image

大事な靴なのでね。片方コードバンですし。傷つかないようにしっかり保護しましょう。

 

f:id:shudo_ktr:20200810022811j:image

これで完ぺき。

 

f:id:shudo_ktr:20200810022815j:image

そして突然靴だけ送っても困るかなと思ったので、メモ紙一枚入れておきました。笑

これで完ぺきやでェ…!!

 

ということでこれにて発送です。

コンビニへいそげーー!(首藤は近くのセブンイレブンから発送しましたよ)

 

エテルノ装着郵送依頼の金額

f:id:shudo_ktr:20200821204910j:image

エテルノ装着時の郵送依頼の金額をまとめました。

 

依頼時発送料:1490円

エテルノ × 2足:8400円

返送時送料&代引き手数料:1450円

消費税:980円

合計:12,320円

 

うむ。諸々含めて一足あたり6200円ぐらいの計算でしょうか。

リファーレで新品靴にトライアンフスチールを付けてもらうと一足5500円(税込)ぐらいするので、郵送依頼であることやオリジナルの耐久度の高いエテルノスチールであることを加味すると、個人的には金額的にかなり納得感はありますね。いい感じじゃないでしょうか。

 

ちなみに最初の方にも書きましたが、当初依頼はBUDAだけにしようかと思ってたんですけど、そうすると送料の関係で割高感がすごかったんですよね。

一足だけの依頼だと送料含めて8000円ぐらいになってしまうので、さすがに一足スチールつけるためだけに8000円はたけえだろ…となってしまいました。笑

 

そこでやめるという選択肢が出ないのが我ながらいいところかなと思うんですが、二足ならいい感じの金額になるのでは?と計算して、非常にいい感じだったのでまとめて依頼することにしました。

結果的には二足ともエテルノが似合う靴でしたし、金額的にも非常にいい感じになったので、二足で頼んでよかったなーという感じ。

やはり郵送の依頼となると送料がネックになっちゃいますね。できる限りまとめて依頼すると割高感も薄れるかもしれません。 

 

RESHから返送されてきたので開封!

f:id:shudo_ktr:20200821204938j:image

ということでRESHから返送されてきました。

返送時の連絡ですったもんだありましたが、無事受け取ることが出来てよかったです。こちらの内容は後述します。

 

f:id:shudo_ktr:20200821204928j:image

梱包は非常にしっかりしています。さすが!

 

f:id:shudo_ktr:20200821204856j:image

なんと二足がそれぞれ靴箱に入って帰ってきました。すごい!わざわざ入れてくれるんですねぇ…ありがたいです。靴同士の干渉によるダメージの心配もなしですね。

 

f:id:shudo_ktr:20200821204906j:image

一足はマグナーニの箱に入って帰ってきました。笑

 

f:id:shudo_ktr:20200821204931j:image

箱の中の梱包もかなりしっかりしていてほんと抜かりないなと思います。素晴らしい。

 

f:id:shudo_ktr:20200821204934j:image

無事出てきました。そしてー…

 

f:id:shudo_ktr:20200821204910j:image

エテルノどーーーーーーーん!!

素晴らしい!!かっこいい!!エテルノやーーー!!ゴツいし輝いてます!

 

f:id:shudo_ktr:20200821204859j:image

BUDAの方も装着されております!すばらしい!

 

f:id:shudo_ktr:20200821204847j:image

BUDAのゴツさにエテルノってやばいですね。

まじ最高の組み合わせだと思います。 

 

今回のRESHの郵送スチール取付依頼の良い点と悪い点!

f:id:shudo_ktr:20200821204918j:image

RESHへの郵送依頼を通して個人的に良かった点と悪かった点をまとめてみます。

ちなみにこれは郵送依頼という行為に対するものだったり、RESHへの感想だったり様々な要素が含まれますので予めご承知おきください。

 

良かった点

①エテルノがかっこよすぎて満足度が高い

まずこれですね。エテルノ自体がかっこよすぎて満足度非常に高いです。耐久度云々もそうですが、満足度が高いのでルックス的にエテルノをつけてみたいという気持ちがあるなら、非常にお勧めですね。

 

②二足以上まとめて依頼すれば金額的な納得感もある

これはまあデメリットの裏返しでもあるんですが、二足以上まとめて依頼すれば金額的に納得感のある部分まで持っていくことが出来ます。三足まとめての依頼なら通常依頼のトライアンフ三足分とほぼ同額レベルにまでなるんじゃないでしょうか。

 

③返送時の梱包が非常に丁寧

ここもよかったですね。梱包がとても丁寧で素晴らしかったです。

 

あまり良くなかった点

①配送依頼は一足での依頼だと送料が割高

これはもうしょうがないやつです。笑 郵送依頼なのでね、しょうがないんですけど。でもそれでも送料という問題に触れない訳にはいかないですよね。北海道だと送料で合計3000円ぐらいかかってしまうので、やはり結構大きな問題だと思います。

北海道なら別に修理屋さんも色々あるので、わざわざ郵送で頼む必要があるのか?という部分になるかと思います。首藤はエテルノを付けたい!かっこいい!という気持ちが勝ったのでこの部分のデメリットを受け入れ、なんなら二足依頼で問題を中和させることで解決しました。この点は依頼される場合は是非参考にしてみてください。

 

②支払いが代引きのみ

これも個人的にはあまりよくなかったかなーと思います。

郵送依頼でももう少しシステマチックにしてカード対応になればもっといいなーと思いました。(当然お店側にもご事情があるでしょうからあくまでもあったらいいなという意味で。)

 

③返送時に連絡をもらえなかった

これ今回たまたまだったのかもしれませんが、結構ピンチだったのでシステムも含めて良くなかった点として挙げさせていただきます。

 

>>④仕上がり後、お電話にて靴の到着日時のお打ち合わせ~代引きにてヤマト運輸配送

元々手順としてはこうなっていたんですが、首藤の方に中々完了連絡がきませんでした。

具体的にはちょっと覚えてないんですが、確か店舗到着後修理依頼連絡から1週間ぐらいしても連絡がなかったので(通常なら修理は2~3日で終わると言っていたので)ちょっと心配になりました。

(というのも代引きで到着後支払う必要があるため、自宅ではなく営業所留めにしていたので到着したら迅速にヤマトの営業所に取りに行かなければならないので)

 

こちらから連絡をしたところ、「連絡するのを忘れてたみたいです」「確認したところもうヤマトに着いてるようです」との返答が。…完全に白目です。笑 

起こったことはしょうがないけれども、せめて最初にごめんなさいぐらい言ってほしかったなーという気持ちを抱いてしまうのもしょうがないでしょうこれは。笑

首藤から連絡しなければずっとヤマトの営業所に置きっぱでいずれ返送されることになってたでしょうし。

 

この辺りはたまたま連絡を忘れていただけだったのだと思いますが(一番大事な連絡だったのでそもそも忘れないで欲しいですが笑)、電話だけで依頼のやり取りをすることへのシステム的な機能限界もあるのかなーと思いました。

なので、出来ればこれから依頼される方はLINEやメールフォームをご利用された方がいいかと思います。

 

④新品のコードバンに皴が入ってしまった…

f:id:shudo_ktr:20200902135241j:image

そしては最後はこれですね。実は一番ダメージがでかかったです。笑

左足のヴァンプ見てもらうとわかるかと思うんですが、ズーーンとシワ入ってますよねこれ。

 

f:id:shudo_ktr:20200902135253j:image

取付時についちゃったんだろうなぁ…というシワ。

 

正直別に履いちゃったら一緒だし、こんな小さいこと気にしていること自体がどうなのかなぁと自分でも思うんですが、個人的には結構重要だったんですよ…。

 

特にプレーントゥなので新品状態のまっさらで綺麗なヴァンプをもうちょっと楽しんでいたかったなぁという気持ちもありましたし、自分で皴入れの儀もしたかったです。というかせっかく新品で買ったなら最初のシワを付けるのは自分でありたかった…。

特にコードバンなので一度シワが付いてしまうともう戻れないじゃないですか。あの頃の一番美しい状態はもう戻ってこないのか…と思うと少し悲しくなってしまいました。

 

というか早く履けよって話なんですけど。笑

それでもこのまっさらな美しい皴なしの状態を楽しめるのは最初だけっていうのもあるので、ちょっと残念だったなぁという部分です。

これも毎回こうなるってわけじゃなくて今回がたまたまそうなっただけなんだと思いますけど、またもやそのたまたまここに当たるかぁ…という気持ちです。笑 

 

小さいことで嘆いていてもしょうがないので、残念ではありましたが出来るだけ気にせずいきたいと思いますよ。

 

まとめ

f:id:shudo_ktr:20200821204918j:image

ということで今回は特別な二足のディンケRESHのエテルノをつけてもらった!というお話でした。

遠方の方向けのRESHの郵送方法や金額、またメリットデメリットについても触れていますので、ご依頼の際の参考になればなと思います。

 

首藤的にはBUDAのシワ問題や連絡漏れ問題はありましたけれども、エテルノのかっこよさはやはり唯一無二だなーと思う部分はあるので、LINE依頼などでしっかり発送返送の連絡が確認できて且つクレジットカードなどにも対応いただける環境になれば、機会があればまた是非とも依頼したいなという気持ちです。

当然ですがRESHさんのご対応は今回のものがすべてではないでしょうし、しつこいですけどエテルノまじでかっこいいですからね。笑

 

RESHに限らず遠方からの郵送修理依頼というのは、少なからず様々なリスクが伴います。その辺りが自分の中で折り合いがつく方法があるのであれば是非チャレンジしてほしいところです。

この辺の価値観は人それぞれなので、色々情報を総合して自分の基準と照合してみるといいと思いますよ。

 

ちなみに本当に重ねてお伝えしますけれども、今回のお話はあくまで首藤が依頼した際に起きた問題や感じたことをまとめただけなので、当然のことながら全てがこうではありませんからね。言うまでもないことだと思いますけども。

当たり前のことながら伝えたいのはRESHの郵送修理依頼には気を付けろ!なんてそんな話じゃないですからね。そこんところ誤解しないようにオナシャス。

 

個人輸入と一緒で通常の店舗への依頼ではない分郵送依頼はある程度リスクはあるでしょうし、自分の希望通りいかないこともあるしたまたま運悪く良くない事象にあたることもあるでしょう。

今回の記事はお店をディスりたいわけではなくて、エテルノ死ぬほどかっこいいよってことと郵送依頼だとこんな手順で大変なこともあるかもよってことを伝えたいだけなのでシメにもしっかりこの辺りは重ねてお伝えしておきます。しつこいかもしれませんけど。笑

 

ということで、超絶にかっこいいエテルノ装着靴のご紹介については次回大量の画像を交えて別途記事にしたいと思いますよー。

 

BUDAとLUZERNに装着されたエテルノはどんな感じなのか。どんだけかっこいいのか。その最高さを是非ご覧いただきたいところ。めっちゃブロマイド撮ってるので楽しみにしててください。