首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【検証】デリクリ揉み揉み大作戦の結果や如何に!アキレスは無事なのか?(製作:BUDAからアキレスを守る会)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

もはやシリーズ化していますが、これは、アキレス殺しのディンケラッカーことBUDAのノルウィージャンストレートチップとの戦いの物語です。

 

 

前回までのあらすじ

ただでさえ立体的なヒールカップを持つハインリッヒディンケラッカーのBUDAの中でも、その個体差により、左足だけ前後のカーブがくそエグイ首藤のノルウィージャンストレートチップ。

 

その結果、ヒールパーツのトップが突き刺さり、履いた初日でアキレス腱が抉れてしまうという、前代未聞の靴ずれを起こした彼をなんとか矯正するため、日夜攻防を繰り広げる「BUDAからアキレスを守る会」会長の首藤

 

その血で血を洗うような戦いの果てに、首藤が選んだのは、禁忌とされる「デリクリ揉み揉み大作戦」だった。 

掟を破り背水の陣で挑む首藤。武装するストレートチップとも称される危険度S級の革靴に、果たして通用するのか…!

 

 www.shudo-kawagutsu.com

 

首藤の戦いの 歴史は上記の記事からご覧ください。(靴紹介の記事はあんまり関係ありませんが。)

 

 

いざ、戦いに赴く…

 

やってきたな好敵手と書いてライバルよ。

 

雪が降る前にコードバンを履きまくりたくて少し遠のいていたが、ようやく戦いの時がきた。

…違うぞ。決して痛いのやだから履くのを逃げていたわけではないぞ。違うんだぞ。

 

禁忌とされるデリクリ揉み揉みで凶悪なヒールカップ弱体化させて、アキレスへのダメージを減らす作戦で来た今回。

ちょっと日にちが空いてしまいましたが、果たして効果はあるのでしょうか。

 

 

途中経過

こうして見てもお尻のカーブがやばい。

踵のカーブに完全に沿っていて最高なんですが、なんせヒールパーツのトップが刺さる。

 

 

これは帰り道。出勤時は交通機関を利用したので、そんなに歩いていません。

帰宅は雨が上がったので、気合いの徒歩を選択。35~40分程の戦いとなります。

 

これを撮影したのは、帰宅途中10分ぐらいの様子。

 

うん。なるほど。

 

これはあれかもしれない。

 

痛みが改善してる気がする…。未だにアキレスには突き刺さるけれども。その度合いは減っている気がする?

もう歩きたくないもうやだ!!と絶叫したくなった初日より全然いける…!

 

帰り道の戦いはまだまだこれからですが、意外に行けそうな予感がしています。

今日こそ勝利を得られるのか。

 

 

帰宅!!結果は!!

 

ということで帰宅しましたよ。

恐る恐る、ビビりながら歩いて無事帰宅。

 

靴を抜いて、まずソックスの状態を見てみましたが、アキレスの部分だけちょっとダマになってませんか。笑

これがグサグサと刺さっている様を物語っていますね。靴下気を付けないとすぐダメになりそう…

 

言ってませんでしたが、超守ってました。笑

前回の反省を踏まえ、ピンポイントで絆創膏でアキレスを守り、そのうえから二段に分けてネクスケアで保護しております。だって怖いんだもん。

 

果たして結果は…!

 

 

大 勝 利 ! !

 

 

大勝利ですよ見てくださいよこれ!

 

抉れてない!!血が出てない!!

赤くなっていて靴ずれじゃない?と思われるかもしれませんが、こんなもの靴ずれのうちに入りませんよ!!(もはや麻痺してる)

地味に下の方に丸いマメみたいのも出来てますが、これも靴ずれのうちに入りません。

 

 

ちなみに右足も。

全く問題ないですね。赤いけど問題ないです。こんなの当たり前ですからね。もうおかしくなってる自覚はありますけどね。

 

 

ヒールカップの形は変わった?

これが以前の左足。

 

今回の左足。変わったか…?

 

比較画像も違いを見てみる!!

 

前回

 

今回

 

両足の違いで見ると違いがわかりますかね?

若干左足のヒールトップの内側への入り方が、和らいでいるような気がします。本当に若干ですけど。笑

 

これはデリクリ揉み揉み大作戦、ひとまずは成功ということでいいんじゃないでしょうか。

やばい勝っちゃった。超楽勝。ヨユー。敗北を知りたい。

 

 

まとめ

武装するストレートチップとの戦いに完全に勝利を収めた首藤。

これで恐れるものはなくなった。次回はネクスケアの保護なしに履いてみせる!

 

首藤の戦いはこれからだ…!

 

(無理矢理シリーズものにするので続きます)