首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【シューケア?】恐怖!!地獄のハイシャイン!!ニュートラルの厚塗りダメ、ゼッタイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ただの失敗談ですら記事にしていくこの貪欲さを見よ!!

神よ、私は恐れない。恐れないぞ。

 

 

突然の思い付き

なんかハイシャインしてえ

ある日、突然のハイシャイン欲が沸きあがってきました。

なんかめっちゃ輝かせたい。すごい光らせたい。

みなさんはこんなときありませんか?

 

首藤が普段インスタやツイッターで拝見している方々は、毎日のようにお靴を輝かせているので、たぶんそれを見て、こうどんどんそういう欲が蓄積していったんだと思います。

 

そしてこの日に溢れちゃう...BE IN LOVEしちゃったというわけなのでしょう。一人ゴマキモード突入したわけですよね。

 

そこでどの靴を磨くかってことなんですけど、首藤はなんでこの靴を選んじゃったんでしょうね。

 

確かこの当時は、RIOのフルブローグは持ってなくて、オールデンのLWBはTHE LOUNGEの林田さんに磨いてもらったばかりだったので、あんまり選択肢がなかったんですよ。

 

どうしようかなーと思案した結果、なんとなく愛読ブログのミウラな日々を見返していたところ、この記事を見つけました。

 

miura-na-hibi.com

コードバンはひび割れの心配が少ないですし、革自体の特性もあるので全体にいっちゃいます。

 

(そういえば、コードバンの靴をちゃんとワックスで磨いたことないな…)

(今手元にあって磨けるコードバンは…)

 

未来の首藤が見たら全力で止めたことでしょう。

やめておけ。今じゃない。そもそもお前の手に負える相手じゃない!

しかも以前「この靴はワックスかけない方が合ってるんですよね(ドヤァ」って言ってたじゃないか!!バキッ ←このあたりで手が出る。

 

そんな声が届くはずもなく、首藤が選んだのはこの靴です。

 

RIO プレーントゥ コードバン(OXBLOOD)

 

ほんと、なんでこの靴にしたんでしょう。

いや、わかってるんです。

 

普通に履きジワとかを気にせず全体をワックスでぺっかぺかにできるんじゃないかって夢見たんですねきっと。

インスタとかで見る皆さんのコードバンはちゅるるんとしてるし、こいつもそろそろそんな時期なのでは?とよくわからない思考に至ったんです。純粋に頭が悪いんでしょうね。

 

 

地獄のハイシャインロード

下地作るぜェェ

 

ということでもったいつけてもあれなんで、早速地獄のハイシャインをお届けしますね。

 

蓋が空いていてどのワックスかは判断しづらいと思いますが、色を見てください。

両方ニュートラルです。この時点で不穏な空気を感じます。

 

バーガンディ系のワックス持ってないのにやるなよ!!なんでもニュートラルで出来ると思うな!?バキッ

 

 

kiwiのワックスを激しく塗っていきます。本人は下地を作っているつもりです。(ちなみにこれは靴磨きワークショップで習う前の話です。名誉のために念のため)

 

この時点ですでにお気付きの方もいると思いますが、塗っている範囲がやばいです。

ヴァンプ全体に均等に厚塗りで塗布しています。フローリングのワックスかな?

 

狂ったように下地を作っていきます。恐怖のマッドワックスティストです。

 

もはや下地というか、乾燥した油を厚く身に纏い、オイルド聖闘士になったところで準備は終了です。

 

磨いていくぜェェ

指シュッじゃねえんだよ。

 

恥ずかしくて死にそうだからやめてください。

顔映ってないけどドヤ顔でネル生地巻いた指見せるのやめてください。しかもその時の巻き方間違ってます。やめてください。

 

 

指に大量に水を付けて、ミラーグロスをごっそり取って塗っていきます。

もう一度言います。ミラーグロスを、ごっそり取ってです。あの硬いミラーグロスをですよ。どんな力で取ったんでしょうか。頭の片隅に追いやられた記憶では、メリメリいってたのは覚えてます。そしてこれを機に記憶から抹消します。

 

ご覧の通り、もはや何かの実験みたいになっています。少なくともこの時点で首藤の知るハイシャインではないです。

 

しかしながら、この時の首藤はコードバンをワックスで磨くという初めての体験に舞い上がり、全く気付きません。というか何が間違っているかすらわかっていません。その点も恐怖です。純粋に頭が悪いんでしょうね。

 

完成~☆

指シュタやめろって

 

マッドな実験丁寧なワックスがけを終え、大満足な首藤。何が大満足なのか。

 

しかもこのショットは何なのか。終わりなのになぜ指シュタしてるのか。これは一体何を意図した画像なのか。…もうやめて!首藤のライフポイントはゼロよ!!

 

そして待望のアップです。

 

出っ来上っがりぃ~ッ☆

…じゃねえんだよ!!

 

なんだよこれ、関東ローム層みたいになってんじゃねえか!!

出典:関東ローム層

 

やばいよこれ。これはやばい。世に出しちゃいけない作品だよ。

 

 

何この嘘くさい輝き?

プラスチックコーティングでもしたの?見たことないよこんな鏡面磨き!逆に新しいよ!

パンチしたら一発で粉々に割れそう。そしてボロボロ崩れ落ちてきそう。

 

恐ろしくてサイドやヒールなんて画像アップできません…一体何を作り出してしまったのか…

 

首藤もこの時点でようやく気付き始めます。

 

なんか、、変じゃね…?と。

 

 

履いてみたらわかる

大丈夫大丈夫。ちょっとなんかこう新進気鋭のガラスアートみたいになってるけど、履いてみたら、いい感じになるはず。

 

ちょっと部屋で試し履きしてみよう…

 

 

 

ギャアァァーーーー!!

 

 

 

出たーーーーーー!!

 

履きジワがマジもんのプラスチックの折り目みたいになってるーーー!!

 

 

あぁ……

 

なんかよくわからんけどキラキラ輝いてる…。何この履き皺スターダスト

 

 

何なのこれは…(震え)

 

うん。これは駄目だ。完全にダメだ。やっちゃいけないやつだった。

人類がまだ手を出していい領域ではなかったんだ。

 

 

修復作業、開始…!!

 

履き皺スターダストを見た首藤は瞬時に実験失敗を悟り、修復することにしました。

何事もリカバリーが大事。トラブルが起きた時にどう対処できるかだから。人間の真価は。

 

助けて、ハイシャインクリーナー!!!

 

ブートブラックパイセンの鬼汚れ落としで、プラスチックコーティングをゴリゴリに削っていきます。もはや工事の領域。

 

 

終了!!!!

 

はいーーー、綺麗になったーー。何もなかったー。何もなかったんだー。

 

 

最後はいつものコロニル1909シュプリームクリームで整えます。

 

よかった。いつもの感じだ。よかった。本当に良かった。

 

 

まとめ

 

これは一つの教訓としてお伝えしておきます。

 

ニュートラルの厚塗り、ダメ、ゼッタイ。

 

以上茶番でした。どうもありがとうございました。

 

 

地獄のハイシャインを再現したい方はこちらからどうぞ

 

 

復旧作業用品はこちら