首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【靴紹介】一足目のParaboot(パラブーツ)はどれにするべき? 迷ったらMozine(モジーン)で決まり!

 

まず、タイトルからメインストリームをガン無視した本記事ですが、パラブーツからモジーンのご紹介です。

 

ありがちなブログタイトルにしてみたんですけど、どうですか。

 

やっぱりちょっと無理がありますか。そうですか。

 

パラブーツの一足目にモジーン勧める奴って中々いないと思うんですけど、皆さんの中でいますか僕勧められたよー、って人?

 

ちなみに首藤は勧められてません。

 

パラブーツなら大体5大定番(シャンボード、ミカエル、ランス、ウィリアム、アヴィニョン)あたりじゃないですか勧められるの。

 

でも首藤は明確にモジーンを勧めたいわけですよ。

 

理由はかっこいいから!

 

そもそもMozine(モジーン)て何ぞや?

 

パラブーツにそんなのあんの?

 

という方にこそ見ていただきたい。

 

パラブーツはシャンボードやミカエルだけじゃないんです。

 

モジーンにこそパラブーツのクラシックが詰まっていると言っても過言ではありません。(首藤調べ=適当)

 

決して、ただ僕がモジーンが好きなだけで言ってるわけじゃないんですよ。決して。

 

今回はモジーンの特徴や魅力をご紹介しつつ、最終的にパラブーツの一足目に本当に相応しいのか、結論を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

  

 

Paraboot(パラブーツ)とは

 

 

 

 

フランスを代表するシューメーカーであるパラブーツは、1908年にフランスにてレミー・リシャールポンヴェールにより創業され云々!

 

こういうの!

 

もうみんな知ってるよね!!

 

いらないよね!!!

 

パラブーツの歴史に関しては、もうググったらもっと詳しい記事が沢山出てくるのでそっち見た方がいいです。笑

 

ディンケラッカーのことならあまり情報がないので、めちゃくちゃ長いことブランド詳細書きたいんですけど、パラブーツに関してはもう今更感がすごいので。

 

また暇なときにでも調べた結果として、首藤の大好きな欲しいモデルと共に、歴史やら特徴を深く掘り下げてまとめますね。今度。いつか。someday。

 

パラブーツに関しては首藤的にまとめると、こんな感じで理解してます。(自分の理解なので間違ってても良し)

  

・登山靴がルーツ、レペゼンフランスのカジュアルシューズブランド

・世界で唯一の自社製ラバーソールがとりあえずすごい

・フランスの宝石「リスレザー」は油分が凄くてブルームってのが出るらしい

・ノルウィージャンウェルト製法で防水性が高い、あと見た目にパンチがある

  

ブランドの特徴は上記で何となく理解しつつ、現時点での首藤の正直な認識は「革靴好きを満足させる雨用靴」って感じです。笑

 

インスタなんかでも、雨の日になると、途端にパラブーツの投稿率が高まりますもんね。

 

でもそれだけ、革靴好きの紳士たちが、パラブーツに信頼を置いているという証でもあると思うわけです。

 

 

 

Mozine(モジーン)の御姿&特徴

 

 

モジーンとミカエル

 

 

スタイル的には、「チロリアンシューズ」というものにカテゴライズされるのですが、このタイプで有名なのは圧倒的にミカエルの方ですよね。

 

ミカエル、モジーン共に100%スーツには合わせられない(と思われる)、完全なカジュアルシューズです。

 

しかしながら、デニムやワイドパンツなんかに合わせた時の、圧倒的な存在感とボリューム感は、中々他の靴では代用がきかないモノだと思います。

 

そしてなんとこのモジーンは、ミカエルの原型となったモデルなのです。(ドヤァッ

 

そもそもモジーンは、パラブーツにおいて現存するモデルの中でも最古のモデルなので、言うなれば完全に生きた化石。

 

これが冒頭でお話しした、パラブーツで最もクラシックを体現しているという理由です。

 

パラブーツ界のシーラカンスことこのモジーンですが、悲しいかな現在の人気は、完全にアップデートバージョンとも言えるミカエルに取って代わられております。

 

ある意味リニューアルされたミカエルがあるなら、そのプロトタイプであるモジーンは廃版になってよさそうなものなんですが、何故今でも根強く残っているんでしょう。

 

それは、

 

かっこいいからです!!(適当)

 

詳細は全く知らないですけど、かっこよくないとここまで残らないですよねきっと。

 

とりあえず、そのかっこいいモジーンを見てください。

 

 

かっこいいモジーン

 

 

 

 

ドドーーン!超かっこいいーー!!(語彙力)

 

上から下(前から後ろ?)まで完璧なバランス。

 

カジュアルの権化ですね。

 

これ履いて足元がオシャレにならない人いるんでしょうか。

 

いやいない。

 

これさえ履けば誰でもオシャンティボーイズ&ガールズですよ間違いなく。

 

 

 

 

モジーンの3つの代表的な特徴は、このヒールカウンターに施された3本のダブルステッチ。

 

 

 

そして大胆なピンキングの入ったかぶせモカ。

 

 

 

 

最後にごっついギザギザウェルトと、ノルウィージャンウェルト製法。

 

 

 

 

ソールはマルシェⅡソールですね。クッション性、屈曲性共に申し分なしです。

 

滑らないし困ったことなし。

 

 

 

 

ヒールからの眺めもかなりパンチが効いてていいですね。

 

ダブルウェルト故踵までぐるりとウェルトが巻かれているので、防水性がさらに高まります。

 

 

 

 

サイド刻印。なんか書いてますね。(解説する気なし)

 

 

 

憧れのパラブーツのロゴですよ。

 

僕はインソックのロゴは刻印派です。

 

church's みたいなプリントだと、どうしても擦れて消えちゃうんですよね。

 

あれ悲しいんですよ地味に。

 

 

 

 

伝統の緑タグです。

 

ブラウンカラーに映えますね。

 

首藤は絶対取りたくない派ですこれは。

 

 

 

 

首藤が所有しているのは、リスマロン(Lisse marron)になります。

 

フランスの宝石リスレザー。

 

アッパーは兎に角分厚くて柔らかいです。

 

イメージはいももちですね。(伝われ)

 

首藤はこのパラブーツ特有の優しい茶の色味に惚れて、マロンカラーを選択しました。

 

マロンとナチュラルカラーウェルトのコントラストが、本当に素晴らしい。

 

可愛さとカッコ良さが絶妙なバランスで同居しています。

 

2アイレットとこの広い履き口のおかげで、とにかく足入れが楽ちんです。履きやすい!

 

なんなら全開でガバっと開けば、靴ベラ全然いらないんですよ本当に。

 

紐も単純に引っ張って、ギュッと縛ればOKなので、スリッポン系に次ぐ楽さだと思います。

 

元々山で作業する木こりのためにデザインされたというルーツのためか、その武骨なスタイルとブーツソックスとの相性は最高です。

 

普通の無地ソックスでもかっこいいんですが、ブーツソックスとの相性がとにかく抜群ですね。

 

冬はCHUPソックスと合わせたいです。(CHUPソックス持ってないですけど)

 

 

 

まとめ:モジーンはパラブーツの一足目に相応しいのか?

 

 

 

 

ここまで来てようやく気付いたんですが、完全にただの持ち靴紹介になってたので、一足目に相応しいかどうかの検証してないですね。笑

 

とりあえず、この紹介記事と画像を見てかっこいいと思ったら、一足目でいいと思います。(雑)

 

というか一足目なんて単純に欲しいの買えばよろしい。笑

 

 

しかしながら、一足目に購入しようにも判断基準がないから迷うのであって、それが問題なのもまたわかります。

 

ということで今度はちゃんと、一足目にどれ買えばいいのかリベンジやりますかね。

 

それぞれのモデルのポイントから、こういうのを求めてるならこれがおすすめ、的なスタンスでちゃんと書きますね。今度。いつか。someday。

 

期待しててください。

 

以上、首藤のモジーンかっこいいやろ記事でした。