首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【ディンケINFO】大人の男なら一足は欲しい黒のストレートチップ。どこで買う?→ディンケでしょ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

タイトルですでに頭おかしいのかな?大丈夫かな?と思われた方、

 

大丈夫です。

 

首藤は正常ですよ。

 

ただ少し好きが過ぎるだけです。

 

 

 

 

 

 

黒のストレートチップっていいよねって

 

 

今日日様々な革靴のデザインが存在し、今やフォーマルな場でも装いの垣根なんかもなくなりつつありますが、

 

やはりなんだかんだ言っても、男なら黒のストレートチップでしょう。

 

いえ、訂正しましょう。

 

 

漢なら、黒のストレートチップでしょう。

 

 

黒スト、黒ストチ、などの愛称でも親しまれる黒の内羽根ストレートチップですが、これこそまさにTHE 革靴ではないでしょうか。

 

シンプルにして究極。究極にしてシンプル。二重の極み。

 

装飾のないクラシックなデザインだからこそ、ラストの形状や作り込み、革質などの差が顕著に表れますよね。

 

まあ、首藤は浅学すぎて、あんまり革質とかラストのこの捻じれが…とかその辺細かくはわからないんですが。

 

とりあえず、木型の持ち味がそのまんま出る = ブランドの良さがそのまんま出る という公式な気がしています。

 

 

でも、しかし、ですよ。

 

 

 

私服仕事なのに黒ストいる?

 

 

そう。

 

そこなんですよね。

 

首藤が今まで尻込みしていたのはまさにそこなんですよ。

 

正直黒のストレートチップって、フォーマルかビジネスでしか履けないイメージがあるんですよね。

 

上述の通り装飾性がないので、敢えて悪く言うと、のぺっとして履いていて面白味がない。

 

カジュアル系の私服に合わせるには、ちょっとパンチがなさ過ぎ&変にフォーマル感が出ちゃって、コーデがちぐはぐになってしまうのではないか。

 

あと個人的に外羽根の方が好きなので、内羽根が微妙っていうのもあり。(身も蓋もない)

 

冒頭であんなこと言っておきながら、ずっと敬遠してました実は。笑

 

男なら必携!とか、社会人なら一足は持つべき!みたいなのはまあよく見るんですけど、知らんがなっていう。

 

そもそも好みでもないし、私服仕事だからスーツにも合わせないし、冠婚葬祭ってそんな年に何回もないし。

 

私服自体もジャケパンとかほぼほぼしないので、そっち系の需要もなし。

 

年に数回のために何万も出すか?

 

黒ストだけは良いものを!とか書いてるけど、普段使いもしないものにお金をかけるのは納得がいかない。

 

それならその分のお金を好みの革靴に回した方がよくね?

 

という完全に黒ストいらないスパイラルに入っておりました。

 

同じ私服仕事の方、如何ですか。

 

結構こんな感じじゃないです?笑

 

 

だから首藤はずっと黒のストレートチップ持ってなかったんですよ。

 

冠祭はまだないとして、葬は、なんか家に残ってたクソ安い3000円ぐらいの革かもわからないような革靴をしっかり磨けばとりあえずいけるし。

葬式にファッショナブルさは一番いらないし。

 

婚は外羽根プレーントゥのシャノンでいけるし。

 

年に数回だし、それぐらいで充分な感じだったんですけど。

 

でもそんな悩みとは関係なく、

 

最近思ってきたんですよね。

 

 

チノパンに黒スト、普通にありじゃね?って。笑

 

 

ユニクロのセールでワイドチノを合計4足ゲットし、今まで履いたこともなかったチノパンに目覚めた首藤は、

 

ロールアップしたボリュームのあるワイドチノに、ほっそりとしたシンプルなストレートチップの合わせ方が、意外にもめっちゃかっこいいのでは?ということに気付いてしまったのです。

 

そしてそう思えてくると不思議なもので、

 

あれ、これ意外とデニムにも合うのでは?

 

結構上がカジュアルでも、黒ストによってドレスアップすることでバランスがとれるのでは?

 

あれ?

 

…実はめっちゃ使えるのでは?では?

 

 

こうなったらもうお分かりですよね。

 

黒スト欲しいスパイラルです。笑

 

普段のローテに取り入れられるなら、年に数回の冠婚葬祭にしか使えないと思っていた黒ストでも、めっちゃ良いものが欲しくなってくる。

 

私服仕事でも普段のファッショに合わせられるなら、黒ストだろうがなんだろうが購入候補ですよ。

 

そしてここで言う良いものとは、欲しいもの。

 

首藤が欲しいものと言えば、

 

そう。

 

ハインリッヒディンケラッカーです。(ようやくここまで来れた…笑)

 

もう当初のいるかいらないかとか、そういう問題を超えて、首藤は普通に欲しくなっただけですね。笑

 

 

 

ディンケにも内羽根あるのです

 

 

公式サイトをご覧の皆様はもうお気づきでしょうが、ディンケ、実は内羽根の靴もあるんですよ。

 

トリプルソール、ノルウィージャン、という重戦車感がどうしても前面的に出てくるので、そこまで表立って流通しているわけではないんですが、実はちゃんと内羽根モデルもあるんですよ。

 

とはいえ、このデザインが出てきたのも最近ですけれどね。

 

たぶんSHOEPASSIONとの合併後な気がします。(定かじゃないので話半分で)

 

代理店のブログでも、2016/6/1にこれまでになかった内羽根が初上陸!的なこと書いてるので、ここ数年でようやくディンケでも内羽根がリリースされたってことですね。

 

となると、ラッカーとしてはディンケで最高の内羽根をGETしたいわけですよ。

 

男ならやっぱり良い黒スト持ってないとですよ!やっぱり!(秘技!掌返し!!)

 

社会人として当たり前ですよね!!(テノヒラクルクルーーーーー)

 

そんな感じで今回はディンケで買える黒ストをご紹介したいなと思います。

 

 

 

Heinrich Dinkelacker で買える黒のストレートチップ

 

 

①Milano Captoe BC

 

出展:Heinrich Dinkelacker公式サイト

 

 

最初はMilanoのご紹介です。

 

ソールは標準のJRダブルソール、アッパーはボックスカーフです。

 

まさにエレガンスを地で行く木型ですが、これこそスーツとの相性は抜群なのではないでしょうか。

 

トゥはシャープなロングノーズですが、ボールジョイントは広めにとってあるので快適に履くことができるラストです。

 

ディンケの履きやすさの象徴である、インサイドストレート・アウトサイドカーブについても、Milanoではそれが強調されており、履き心地は勿論のこと、見た目も滑らかでエレガントな仕上がりになっています。

 

スーツに合わせることが多い方、ジャケパンなど私服でも上品に合わせることが多い方におススメです。 

 

 

 

②Luzern Captoe BC

 

出展:Heinrich Dinkelacker公式サイト

 

 

続いて大本命Luzernですね。

 

同じくダブルソールのボックスカーフモデル。

 

曰く世界で一番人気のある木型、曰くディンケラッカーの最高傑作。

 

RIOやBUDAに比べると、若干ロングノーズ気味ですが決して嫌らしくなく、全体的に柔らかくシャープな印象のあるバランスの取れた木型です。

 

Luzernはモダンで汎用性の高い木型なので、モデルの展開数も随一なんですが、内羽根ストレートチップのデザインも非常にマッチしていますね。

 

落ち着いた大人な雰囲気がありますが、内に秘めた剛健さが垣間見れるような、スタイリッシュなだけじゃない芯のあるストレートチップに仕上がっています。

 

ド直球の汎用性の高い黒ストをご検討の方は、こちらがおススメです。

 

 

 

③Buda Captoe SC

 

出展:Heinrich Dinkelacker公式サイト

 

 

そして最後はこれ。

 

Budaのラバーソールストレートチップです。

 

こちらはボックスカーフではなく、ディンケの中でも最大級の柔らかさを追求したというソフトカーフを使用しています。

 

こちらは現在アイコンセールの方にかかってるモデルですね。

 

なんというか、別にオチに持ってこようと思ったわけじゃないんですよ。笑

 

 

 

出展:Heinrich Dinkelacker公式サイト

  

 

でも、見てください。この全く畏まる気のないストレートチップを。笑

  

最高じゃないですか?

 

バリバリのツォップナート搭載の内羽根ストレートチップモデルです。

 

ストレートチップのこの表情でツォップナートついてるあたりが、なんかもう逆にケンカ売ってるような感じすらありますよね。

 

コバつっよ。

 

もう大好きですこれ。

 

絶対大衆受けはしないでしょうけどね。笑

 

その証拠に、これ実は2018AWモデルなんですけど、もうセールかかってますからね。笑

 

直近のコレクション且つ人気ラストのBudaなのに、もうセールにかかるってこれは完全にもう言わずもがなですね。

 

そんなところも愛おしい。

 

たぶんですけど、Budaの内羽根はこれが初なんじゃないでしょうかね。

 

内羽根でもわかるこの主張。このパンチ。

 

大好物です。笑

 

葬式に履いていったらぶん殴られそうですが、結婚式ぐらいならいけるんじゃないでしょうか。(細かいマナーは知らないので自己責任ですが)

 

 

 

まとめ

 

 

ということで、ディンケでも買えるストレートチップのご紹介でした。

 

如何だったでしょうか。

 

首藤的にはBudaを大プッシュなんですけど(というか自分が欲しいんですけど)、普通のストレートチップが必要な方はLuzernかMilanoにしてくださいね。

 

首藤のおすすめのせいで会社とか親戚に怒られても責任とれません。笑

 

ゴリゴリ重厚なイメージがあるハインリッヒディンケラッカーですが、こういったビジネス、フォーマル向けなラインも徐々に展開され始めてきていますので、

 

オンに合わせる靴として、選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

 

トスカーナカーフやアンティークカーフの、内羽根ストレートチップモデルなんかもあるみたいなので、要チェキしてみてください。