首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【ディンケ140th】ついに日本にもシルバーエディションが着弾!瞬速ゲッターmittaziさんのExtravagant Setをご紹介させていただきます!!~大量の画像を添えて~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

吹き荒れる銀色の旋風!!

 

ハインリッヒディンケラッカーのシルバーエディションがついに日本にも!!ようやくこの時を迎えたのですね…待ちに待った…

インスタやツイッターを見てみると、日本の同志の皆様の元にも続々と着弾しているご様子!!

ディンケの説明の通り、Extravagant Setをバックした方から優先的に送られているようですね。

 

首藤はRIO C+の単発プレッジ且つかなり悩みに悩んだのでおそらく後発組です。

自分の方はまだまだ届かないのですが、どーーーーーしても待ちきれなかったので、今回はインスタで良くしていただいているmittaziさんの元に届いたExtravagant Setを弊ブログで一足早くご紹介させていただきます!!(mittaziさんありがとうございます!)

  

☆ 140周年?シルバーエディション?なんぞ?という方は下記からどうぞ!

 

 

mittaziさんありがとう感謝祭!

mittaziさんと言えば、ALDENを始めとした数多くの激アツシューズを所有されている御方です。エグイモデルばかりPOSTされるので首藤は一方的に毎度毎度楽しませていただいております。

 

中でも首藤が度肝を抜かれたのがこちらのLUZERNのダークコニャックのUチップ。

 

首藤が見てる限りだと、このモデルをインスタにPOSTされてるのってmittaziさんだけなんですよね。

海外で購入されたとのことで、中々激シブな超絶モデルをお持ちなわけです。これを見た瞬間から無条件でファンなわけです首藤は。

 

そんな中mittaziさんからインスタでDMをいただきました。

 

「ディンケから140thの連絡がきました」

 

なんですと…!!

まさかまさかの!!

  

せっかくなのでお願いをして、ブログにてご紹介をさせていただくことになりました!

 

これからRIO C+が届く方は一緒にこれを見てワクワクしましょう。

首藤はバックしてないですが、謎に満ち溢れるRIO STAの方も楽しみです。笑

 

超絶たくさん画像をいただきましたので、たっぷり堪能するとしましょうぞ!!

 

Extravagant Setのお披露目!

待ちに待ったmittaziさんのExtravagant Set…!!

それでは見てみましょう!こちらです!!

 

ドーーーーン!!!

 

ドドーーーーン!!!!!

 

ひゃああああああああああああ!!かっこいえええええええええええええ!!!

やべえええええええええええええええ!!!

 

何この殺人セット…!超エレガンスアンドビュティホー…!!

たまりませんね。最高過ぎます。

 

mittaziさんからコメントもいただいておりますのでご紹介します!

限定300足。そのうちの36番37番をゲットすることができました。

思えば、もでぃふぁいどさんの洗脳ブログ(笑)を拝見してまんまと洗脳されてしまって今日に至る訳ですが、洗脳された甲斐がありました。

ポチっとしてから待つ事半年。すごいモデルをゲットできたものです。

Luzern のモデルは持っていましたが、Rioは初めてです。ツォップナートとトリプルソールの重厚感。この神々しさ。しばらくは神棚に祀っておきます。

 

シリアルナンバーまでわかるんですね!36,37番てめちゃくちゃ早いじゃないですか。選ばれし者の中でも相当な精鋭しか手にすることのできない順位です。

そしてやはりまずは神棚行きなんですね。笑 首藤は季節的な問題から物理的にそうなりますが、仮に夏に来ていたとしても同じように神棚シューズになっていたと思います。それほどまでにスペシャルで、神々しい。

 

もでぃふぁいどさんの洗脳ブログを見て後に続いた同志の方は何人いたのでしょう。

かくいう首藤もその一人です。笑

 

首藤が悩みに悩んでウンウン唸ってたところ、それまで怒涛の勢いで靴を買っていたにも関わらず男らしく一歩踏み出すその背中を見て、首藤もバッカーになる決意を固めたのでした。

実際にあのブログのインパクトは相当にデカかったと思います。さすがやでェ。

 

室内で見てみよう!

このショットカッケェッェエエェェ

 

mittaziさんからは「画像は多すぎるので取捨選択して掲載してください」的なことを言っていただきましたが、首藤はヤる男ですよ。

せっかく送ってもらった大量の画像を余すことなく堪能したいので、ほぼ全部掲載させていただきます。笑

 

Rio Full-Brogue STA

まずはRio Full-Brogue STAから見てみましょう。

 

赤いカーペットにメタリックシルバーが映える…!

 

室内で見ると少し黒みがかって見えますね。これが派手さだけが売りじゃないことをよく表していると思います。落ち着いた大人の男のラグジュアリーを感じさせる佇まい…。お見事です。まさかこんな風にまとめてくるとは。

 

重厚感とモダンラグジュアリーの見事な融合。まるでハインリッヒディンケラッカーとシューパッションの関係のようですね。

イロモノ枠かと思われたSTAですが、実物はそんな下馬評を覆す逸品です。

 

ブダペスター&トリプルソール!!

 

室内での落ち着いた輝きや黒みの強い色合い、そしてソールのナチュラルブラウンが全体をうまくまとめ上げている気がします。

とはいえ、しっかりシルバーなのに不思議とケバケバしさを感じさせないのは、クラシックなラストがそうさせるのでしょうか?正直予想以上のかっこよさです。

 

インソールは通常のRIOと同等の仕様に見えますね。

カウンターライニングの素材も同様です。

 

この角度だとかなりシルバーを感じられますね。ヒールは特に濃淡が目立ちます。

ステッチもシルバーのものが使われているんでしょうか?それとも上から塗られているのかな?STAの雰囲気を壊さないよう、同系色のものが使われていますね。

 

Rio Full-Brogue C+

続いてRIO C+です。

 

芸術品のようなコンビネーション…!

 

深い青色をしたダークブルーコードバンと銀糸ツォップナートのハーモニーのラグジュアリー感やばいですね。ブローグの下から覗く銀色もまた統一感を演出します。

 

すべてが美しい。すべてがお見事。世の中のすべてに感謝。

 

室内で見ると何も知識なしだと普通にブラックに見えないこともないですね。

見てる画面の環境にもよりそうですけど。

これは早く陽の光を浴びた姿も見てみたい…!

  

太陽の下で見てみよう!

外に出ると相当色味が変わりそうな2モデルですからね。非常に楽しみです。

 

Rio Full-Brogue STA

まずはSTAからですね!

おお、おお…!!これは…!!

 

外で見るとめっちゃシルバー!!笑

 

このショットのかっこよさよ!何故かシュッとして見えます。

そしてSTAはソールとアッパーの統一感がやばすぎる!

 

お尻も室内よりはるかにシルバーが主張しています。

この天元突破したエレガントさがあれば、どんなラグジュアリーなパーティーも怖くないですね。突然ホテルの最上階のお食事会に呼ばれても、これさえ履いて行けばOKです。

 

このシルバー感やばくないですか?エクセレントラグジュアリーソフィスティケートですよこれは間違いなく。

一斗缶と同じぐらいシルバーじゃないですか?いやそれ以上でしょうか。

  

Rio Full-Brogue C+

続いては待望のC+!陽の光を浴びるとコードバンはどうなるのか…!

ああ、流麗だなぁ…

 

すでにこの時点で一つの完成を迎えている芸術品のようです。

さらに革靴にはエイジングという超進化を備えているので、ここからダークブルーコードバンが輝きだしたらどうなってしまうんでしょう…!

 

このショットの美しさやばくないですか!?

ぐるっと回るツォップナートがエレガントすぎる…!

ブローグの下から覗くシルバーのラインが、夜の滑走路のライトのように我々の視線を導いていきます。 

 

こちらもソールは140周年記念モデルシルバーエディションの証である、銀色の刻印!

トゥスチールも飾り釘もすべてシルバーで統一されています。

 

なんとインソールにもシルバーエディションのトレードマークの刻印が…!!

これめちゃくちゃかっこいいですね!歩行を邪魔しない透明なシートみたいのないでしょうか?擦れて消えないようにしたいです。笑

 

トゥ、そしてヴァンプのこの美しさよ…唯一無二です。

今は銀色のツォップナートの方が輝きを見せていますが、ダークブルーコードバンが履き込まれて磨かれて艶を放ちだしたら、どれほどの優艶な靴になってしまうのでしょうか。末恐ろしいです。

 

魅惑が過ぎる後ろ姿…!!

 

ダークブルーとシルバーとナチュラルブラウンの見事な融合です。

これはフュージョンというよりポタラレベルでの融合感を感じますね。どこまで調和させれば気が済むんだ…!!ディンケめ!! 

 

ネイビーとの違いは?

今回のシルバーエディションにおけるダークブルーカラーで気になるのは、ネイビーとの色味の違いじゃないでしょうか。

正直気になりますよね。敢えてブルーを名乗るぐらいだからネイビーより発色のいい青なのかと思いきや、陽の光の下で見ても意外に落ち着いた色をしているように見受けられます。

一体その辺どうなんだい!ということでなんとネイビーとのカラーの比較までも行ってくれています。笑 

ブログを知り尽くしているかのような見事なアシスト!それでは比較画像見てみましょうか。

 

こちらがその比較になります。左はランコート製のネイビーとのこと。

 

おおー、これは若干の違いが見られますねー!

やはりダークブルーの方が青みが強い気がします。

ところどころに散りばめられたシルバーによってそう見えるのかなと思いましたが、シルバー部分隠してみても、色味はダークブルーの方が鮮やかです。

 

色味とは関係なく、どことなくレトロでかっこいいショットです。笑

 

さらにバッチリ太陽の光を当てるとこんな感じ。

ダークブルーの方は陽の光によって、革の奥に潜んでいたブルーが反射してくるような感じがします。

一方ネイビーはしっかり芯まで濃紺に染まっていて、全体的に一体感のある深みが感じられますね。

 

最後に日陰?三連発です!

 

青空を綺麗に反射していますねぇ。

屋外の日陰で見てみるとまた色味が変わって見えます。

こうして見ると結構ネイビーとのカラーの違いはあるので、やはりネイビーとは別物として楽しめそうですね。

 

インテンスブルーに似てる…?

mittaziさんからの有力情報で、このダークブルーというカラーはコードバンの別カラーである「インテンスブルー」に似てるのではないか?とのことでした。

 

それを聞いても浅学な首藤は「インテンスブルーってなんぞ?」状態だったわけですが、ご丁寧にこちらを教えていただきました。

 

出典:Service Boot Intense Blue Shell Cordovan — Viberg Boot

 

こんなコードバンの種類あったんですねぇ…。

しかもViberg Bootめちゃくちゃかっこよきじゃないですかこれ。

 

出典:Tony the Ant - Shell Cordovan Leather Wallet

 

なるほど、確かに似てるかもしれないですね。

そして別にインテンスブルーの画像も発掘してきました。

 

出典:http://cou-shop.jugem.jp/?eid=1506

 

この深みのある色といい、青さ加減といい、やはり結構近いですね。

個人的にはインテンスブルーの方が若干緑がかっているように見えます。

 

そしてなんとmittaziさんは、インテンスブルーの小物をお持ちとのことで、比較画像までいただきました。笑

ほんとどれだけアシストが素晴らしいんですか…。撮り方まで完璧じゃないですか…。トップ下っすか…。

 

ということで比較画像はドンこちら。

 

おおー!!確かに似ている…!がしかしその前にこの画像自体がカッコ良過ぎて暫く色味が入ってこない!笑

 

実物を見比べてみると結構似てますね!さすがブルーと名の付くカラーなだけあって非常に近い色味です。

首藤の目から見るとやはり少しインテンスブルーの方が緑がかって見えるので、どちらかといえばディンケのネイビーコードバンに近いのかな?とか思ったりもしました。くそ…すべて持っていれば…比較できるのに…。あ、そうか…全買っちゃえば…

 

比較してみるとそもそもインテンスブルーがかっこよくて、インテンスブルーが欲しくなりました。笑

ブルー系のコードバン…今熱いですね!!(首藤の中で)

 

 

まとめ 

ということで、今回は速報でmittaziさんのExtravagant Setをご紹介させていただきました!掲載について快諾いただき、本当にありがとうございます!

 

これから続々と皆様の元にも届いていくと思いますので、楽しみでしょうがないですね!

ディンケから連絡来ている方もまだの方も、この大量の画像を見てワクワクして待つことにしましょう!!

 

最後に今回出演した靴たちの最高なシューサークルを堪能しましょう。笑