首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【開封の儀】5足目のハインリッヒディンケラッカーがご到着!まだまだ狙っていきたい変化球!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

ついに首藤のディンケラッカーズも5足目です。

 

いやー、何度購入してもこの瞬間はワクワクしますね。

 

家族が寝静まった後、コソコソと自室で開封をするこの瞬間。

 

新しいモデルに実際に出会うこの瞬間は、やっぱり特別です。

 

 

ただ、どうしても、

 

これだけは許せない。

 

本当に一つだけ言わせてほしい。

 

頼むから、

 

 

サイレントで送ってくんじゃねえよディンケこの野郎!!!

 

 

もうほんとびっくりするからヤメテー!

 

たまたま家にいてほんとよかったけども…

 

 

最近のディンケは、ポチってから発送まで1~2週間ぐらいかかるのがザラなので、気長に待つか―と腰を据えてたわけですよ。

 

3週間ぐらい経っても、発送通知が来ないからちょっと遅いなーそろそろ連絡するかなーと思ったらまさかの突然の現物到着ですよ。

 

いやー、ほんと、びっくりしたわーーーー。

 

心臓止まるかと思いました。

 

もう割と常連ですし、セールばっかり買ってるからナメられてるんでしょうか…。カナシイ

 

まあ、この状況だとディンケが悪いのか、UPSが悪いのかもわからないですけれども…。

 

死にはしないですけど、なんとも痛ましい事件でした。

 

 

はい。

 

気を取り直して。

 

ここまでは色々物を整理しつつ計画的に購入してきたので(自分の中では)、偏らずに色んなモデルを手にできていると思います。

 

※完全に衝動買いのRIOのダークコニャックフルブローグは除外します。笑

 

首藤のマイルールとして、ラスト、デザイン、革種等、出来るだけマテリアルの違うものを購入していくというのがあるのですが、今回もしっかりそれに沿った買い物ができたと思います。

 

おそらくあまり人気ないので誰ともかぶらないと思いますし。笑

 

ということでサクッと開封していきたいと思いますよー!

 

 

 

 

 

 

いざ、開封!

 

 

 

いつも通りこの瞬間がワクワクしますねぇ。

 

 

 

今回はおじさん付き。

 

おじさん、お久しぶりです。

 

元気ですか、首藤です。

 

 

 

そして取り出します。

 

おお!

 

なんと靴袋まで黒い!!

 

初めて見ました。

 

今までは袋は昔のままのえんじ色だったんですがね。

 

なんかディンケは毎回毎回ちょっとずつ何かが違う気がしますね。笑

 

安定していないっちゃしてないんですが、特にこだわる部分でもないので、毎回違いを楽しんでおります。

 

よし。

 

では御姿拝見ー!

 

 


今回購入したのは…

 

 

 

 

ドドドドーーン!!(毎度お馴染み)

 

 

Buda Captoe SC です!

 

 

わかりますか。

 

これが、首藤が選んだ、人生初の、ストレートチップです。笑

 

ファーストBUDAであり、ファーストストレートチップです。

 

 

BUDAと言えば、外羽根、そしてフルブローグ。

 

そんな概念を覆すかのような一足です。

 

おそらく、中々ファーストBUDAには選ばれないモデルでしょう。笑

 

まさかのBUDAの内羽根モデル!

 

まさかのソフトカーフ!

 

そしてまさかのラバーソール!!

 

すべてのストレートチップの中でも、最高峰にフォーマルからは程遠いモデルではないでしょうか。

 

離れれば離れる程、首藤の大好きメーターが振り切れていきます。

 

こういう意味の分からないモデル大好きです。(誉め言葉)

 

 

 

細部を見てみよう

 

 

 詳しくは【靴紹介】のブログで紹介していきますが、とりあえず全体をちょっとだけ解説。

 

 

4アイレットのオックスフォードモデルですね。

 

ステッチすらもゴリゴリで、こうなんていうか、細部にわたるまで主張が激しいですね。笑

 

 

 

見事なまでの三つ編み。

 

これがすべての元凶です。

 

ストレートチップの粛々とした雰囲気を積極的にぶち壊していくスタイル。

 

クラスに一人はいる、みんなで守った空気感を悪気なくバキバキにするタイプのやつです。

 

いやぁ、これがなかったら買ってなかったですね首藤は。

 

やっぱりBUDAはこうでないと。

 

 

 

ヒールまでグルっとツォップナート。

 

後ろから見たら誰がこれをストレートチップだと思うでしょうか。

 

まさに武装するストレートチップ

 

 

 

そしてストレートチップにディンケオリジナルのラバーソールです。

 

レザーソールだとよりフォーマルなスタイルになりますが、ここは当然ラバーソールでしょう。

 

彼は期待を裏切らない。

 

ここまでいったらやり切ってほしいという男のロマンを、しっかりと体現してくれています。

 

 

アホほど柔らかいです

 

 

そしてアッパーは、ディンケでも究極の柔らかさを追求したというソフトカーフ。

 

ここで柔らかさ来るんかーい!!というツッコが画面の向こうから聞こえてくるようです。

 

彼はただ期待に応えるだけのやつではないのです。

 

期待以上のサービスを提供してくれる。

 

常にプルスウルトラの精神を持っているやつなのです。

 

個人的にはこのソフトカーフが、あんまり人気なかった理由だと思いますけどね。笑

 

これがボックスカーフとかコードバンだったら、結構人気あったんじゃないでしょうか。

 

首藤的にはソフトカーフは一足欲しいと思っていたので、ちょうどよかったんですけど。

 

ボックスカーフはチューリッヒでもう持ってますので。

 

 

 

どうでもいいですが、今回死ぬほど奥に紙が突っ込まれてました。

 

内羽根のせいか超絶取りづらかったです。

 

 

 

足入れしてみた

 

 

 

試しに足入れしてみました。

 

靴下はお気に入りのハッピーソックス。

 

BUDAはRIOのハーフアップで履いている方もいるので、ちょっと心配だったんですが、首藤は同サイズで大丈夫でした。

 

フィット感はかなり良さげです。

 

なんか色々良いとこ取りしたようなラストの感じがあります。

 

詳しくは【サイズ感】でレビューしたいと思いますよ。

 

 

 

まとめ

 

 

パンチあるぅ~~

 

 

ということで、首藤の5足目のディンケラッカーは、武装するストレートチップことBuda Captoe SC でした。!

 

初のBUDA、初のストレートチップ、初のラバーソール、初のソフトカーフということで、しっかりマイルールを順守しております。(ブログのネタのためにも!!)

 

以前のブログでも書きましたが、厳かな場に履いていったらぶっ飛ばされそうなので、ちゃんとフォーマルなストレートチップも買わないといけないですね。

 

いっけねー、また靴が増えちゃうー(棒)