首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【開封の儀?】ハインリッヒディンケラッカーを中古革靴専門店から購入してみた話!やらかした自覚はあるが後悔はしていない!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

自分でもわかってるんですよ。割と頭のおかしいペースで買ってることぐらい。

 

わかってるんですよ。


でも右手が勝手に動いてました。自分でもビックリです。 

皆さんにもそういう経験ある方いらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

あれはなんなんでしょうね。 

何かに乗っ取られてるんですかね。 

もう新品以外は買わないと決めた、あの月夜の誓いはなんだったんでしょうか。

 

謎です。謎に包まれています。

 

↓↓以下言い訳↓↓
でもあれじゃないですか、どう考えても激ヤバチャンスが訪れたら、迷わずいきますよね?


それがいつか欲しいなって思ってたモデルなら、迷わず飛び込むのが靴バカの本懐だと思うんですよね。どうするかはポチってから考えるのです。(嫁への言い訳を含め。)


そして首藤はあまり持ち出しを多くしたくないので、靴を買うときは履いてない別の靴を手放すか、クローゼットのものをゴリゴリ売って資金を作るタイプです。


ポチってから突然活発にものを売り始める男、首藤! 

今回は割と大きめなものを処分しないといけないかな…(金額的に)

  

  

では、開封します 

段ボール到着。

 

購入から到着までめちゃくちゃ早かったです。 考えられる速度で割と最速レベルじゃないでしょうか。 

ありがたいことですね。

 

また、こうやってしっかりテープで綺麗に止められているのを見ると、いい仕事してるなって思います。 

 

段ボール、オープン!

 

見えてまいりました。 

今回箱等の付属品なしの商品です。 

箱がないのは残念ですが、必須でもないのでまあいいかと。

 

というか、めちゃくちゃプチプチある!笑 

プチプチロール二つ分でしっかり四隅止めてくれます。靴がしっかり保護されております。感謝!

  

ビニールの中でも靴同士がぶつからないように、しっかりプチプチが挟まれてます。

非の打ち所がない!

 

この大量のプチプチ、梱包材として有効活用させていただきマッス!ウッス!

 

御姿拝見! 

 

出てきたモデルは、これだーー! 

 

  

ドドーーーン!!(定番の語彙力)

 

今回首藤がusedでも、どうしても欲しかったモデルは、

 

RIO Full-Brogue Cordovan Dark Cognac でした!! 

 

 

首藤はプレーントゥのRIOを所有していますが、フルブローグの迫力は半端じゃないですね。 

ドイツの重戦車の名に相応しい作りです。 

 

ヒールから。

 

凛とした佇まいです。 

ガッチリと足を支えてくれそう。

 

コンディションや如何に 

どこで購入したの? 

今回首藤がお世話になったのは、渋谷のLAST LABさんです。  

www.lastlab.jp 

これ、気になってた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

そうです、首藤ですよ。 

皆さんが検討される間もなく、 

インスタで情報がリリースされて、 

オンラインショップに掲載されたその日に購入したのは、 

 

何を隠そう、この首藤ですよ!!

  

かくいう首藤も意識のないまま白目剥いてポチってたので実感はないんですが。 

 

実はパラブーツのフォトンも、こちらで購入しています。 

 

縁があるというか、首藤好みのラインナップが出てきやすいのか。

 

通販ページも見やすいですし、こまめに更新されますし、とてもお世話になっているサイトです。 

とてもいいショップさんなので、中古革靴の購入について、いずれ特集したいなーと思ってます。

  

そして、今回サイトに記載されているコンディションはこちら。 

▼状態詳細
トゥにキズ有
付属品なし

全体的なコンディション:美品

 

写真は6枚、状態良さげな感じでした。(個人的にインソールやヒールカウンターの画像もあれば最高でした)

 

中々出ないマイサイズのRIOフルブローグ。 そしてそれ以上に中古市場に姿を現さない、ダークコニャック。 

写真を見てみるとなかなかの美品ではないですか。 

これだけの条件が揃っていて、且つフリマアプリなんかよりも良心的な価格設定…

 

これは、逝くしかないでしょう…!!涙目 

 

 実際のコンディションは! 

気になる実際のコンディションはどうでしょうか。

 

いざ、コンディションチェック! 

ヒール。

 

綺麗ですね。 

擦り減りも少ないです。 

 

ヴァンプ。

 

履き皺が良い感じに入ってます。

 

ブローグに埃がたまっていますね。 これは単純に前オーナーのメンテ不足ですね。笑

ブラッシングすれば綺麗になるはずです。 

 

それぞれトゥの傷を。

 

ちょうど爪の先あたりのブローグ同士がつながっているような傷がありますね。 

他にも若干ブローグが傷んでるところがありますが、これが状態に書いていた「トゥに傷有」でしょうか。

 

そもそも「ちょっとタフめに履きたいコードバン」というイカれたテーマで購入しているので、首藤的にはこれぐらいなら全然許容範囲です。 

 

右足です。

 

こちらはあまりブローグにダメージはなく、引っ掻き傷のようなものがありますね。 

クリーム、かっさ棒、ワックスのトリプルコンボで消えるんじゃないでしょうか。

 

 

スチールとソール(爪先)の状態。

 

若干変形は見られますが、履いていったら摩耗するものですし、こんなものでしょうか? 

むしろ返りがついて、ちょうどよくなってるかもしれないですし。 

最悪ダメそうなら、今めちゃくちゃ気になってるRESHのエテルノをつけてもいいですね。 

 

ヒールカウンターも若干の擦れぐらいですね。 

インソックのロゴも変色もなく、割と綺麗な状態です。 

 

踵の革の状態については、ちょっとザラザラ感ありますけど、これも手入れ怠ってただけのような気もします。 

メンテ次第で綺麗になりそう。 

 

ソールも綺麗。というか普通。

 

通常これぐらい履いたらまあこうなるよな、という予測と一致してます。 

ゴリッゴリ削れて穴あいてるということもないので、全然無問題です。 

 

インソール内部ですが、割と足先のフットプリントもついてなくて綺麗でした。

 

むしろ首藤所有のプレーントゥの方が、足汗でフットプリントついてるぐらいです。笑

 

そして、インソックの接着部の剥がれ。これはもうどうしようもないですね。 

ディンケの宿命とも呼ぶべき、誰もが向き合う業のようなものです。

 

首藤所有のディンケも同様になっているので、ここは気にしないものとします。 

気になったら他の同様の症状の靴と一緒に、どっかに相談しにいきましょう。 

 

コンディションチェック完了です!

 

如何だったでしょうか。

 

若干メンテ不足感は否めないですが、これぐらいならケアで問題なく補えますよね。 

純粋な靴の状態に焦点を当てた場合、首藤は充分に『美品』だと思いました!

 

適切なコンディションジャッジ、そしてナイスな価格での販売、LAST LABさんは最高やでェ!!(いつもありがとうございます)  

 

まとめ 

ということで、首藤の元にやってきた4足目のディンケラッカーは、リオ フルブローグのダークコニャックコードバンでした!

 

こちらでも紹介してますが、ハインリッヒディンケラッカーの中でも、完全にど真ん中のアイコンモデル

 

憧れの、ディンケオリジナルカラーのコードバン、ダークコニャック! 

これを履かずしてディンケは語れないでしょう!(ディンケ大好きブログをやってる身なので)

 

used購入ということもあり、いずれハーフラバーを装着し、冬でもバッチバチに活躍してもらう予定のコードバンシューズです。

 

言うなれば雪用コードバン!! 

期待しています!

 

次はプレメンテ!自分でやるか、プロに頼むか、どうするか。 

悩みどころですが、今回は中古靴のフルケアというものを見てみたいので、プロに頼むことにします!

 

それも記事にしたいと思ってるので、お楽しみに! 

 ⇒その後、THE LOUNGE by Brift H でバッチバチに磨いてもらいました。

  

●RIO フルブローグの関連記事はコチラからどうぞ!