首藤革靴出張所

恋に部活に大忙し!急がないと首藤の夏が終わっちゃう!?革靴(特にHeinrich Dinkelacker)が好きな奴のブログです。

【検証】トゥスチール装着2か月の状態を新品時と比較!ダブルソール×トライアンフスチール編(ディンケ ZURICH)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スチール初心者首藤と申します。本日はよろしくお願い致します。

 

前回の記事! 

www.shudo-kawagutsu.com

 

ビンテージスチールに続き、トライアンフスチールについても初めてつけました。

今回はダブルソールである、ハインリッヒディンケラッカーのチューリッヒに装着しております。

 

ビンテージスチール同様、どんな状態変化をしていくのか、耐久性はどんなもんなのか、スチールによってどう違うのか、というのを検証するために、ちょっとずつ観察記録を残していきますよー。

 

今回は、ダブルソール×トライアンフスチールです。

 

 

新品時の状態!

 

アップの状態しか画像が残ってないので、この二枚で。

 

ブラックのアッパーにきらりと光るトライアンフ。

めちゃくちゃ雰囲気あってやっぱりかっこいいですねぇ。

 

革靴はどんどんエイジングでかっこよくなっていきますが、スチールは付けた時が一番かっこいいですね。笑

 

 

2か月後の状態

 

新品時と同じぐらいのアングルで2枚。

相当ゴリゴリですねー!しっかり守った感がハンパじゃないです。爪先の弁慶ここにあり。

 

しっかり削れてゴールド感はなくなってますね。

トライアンフはすぐ削れて、ゴールドからシルバーになるって聞いたことありましたが、首藤のこれはシルバー通り越してなんか農耕器具みたいになってますね。笑 クワみたいな色合い。

 

接地面はゴリゴリと削れるので、中々のスカーフェイスになりますが、扇形に広がった両端はゴールドの部分が残っていますね。

爪先はしっかり、トゥポイントで接地→蹴り出しが出来ているということなんでしょうか。

 

にしてもソール汚いな。これもちゃんとケアしないとだめですね。

今度こそかっさ棒でつるっつるを目指してみますかね。

 

サイドから。

 

ダブルソールだとスチールにかなり負荷がかかるので、やはり削れと変形がありますね。コバ側側面から見ると、ぐにゃッと変形してます。

 

これどこまで行くと交換が必要なんでしょうか。

今度ぐにゃぐにゃになっても、トゥを守ってくれるならそんなに問題はない気がしますが。金属だからすり減ってなくなる的なこともないでしょうし。

今度交換の目安をリファーレに相談しに行こう。ブログのネタにもなるし最高やんけグヘヘ

 

ダブルソールはやっぱりトゥの負荷がすごいですねぇ。

これでスチールなかったらと思うとゾッとします。ROMの悲劇再び…になるところでした…。

 

初のレザーソールで浮かれてそのまま履いて一週間でここまで削れてしまった通称:ROMの悲劇

   

両足

 

ふむふむ。2か月でこうなるんですねー。

トゥスプリングがしっかりつけば、そこまで今後削れていくこともない気もするんですが、どれぐらい持つものなんでしょうかねぇ。

 

それぞれ歩き方にもよりますし、履いてる時間、距離によっても全然違うので、こういうのは「自分なら」どれぐらいもつのか、というのをある程度把握しておくと便利ですね。

 

 

トゥスプリングもいい感じになってきてる気がしますよ。

これから徐々にソールも馴染んできて、スチールにいく不可は減っていくと推測されます。

 

 

番外編:履きおろしの日の状態!

 

初日でも結構いくんですねぇ。

ずっとゴールドのまま保てるスチールとかないんでしょうか。ゴリゴリ削れてどうせシルバーになるなら、最初からビンテージスチールでもいいような気がしてきます。

 

やはりエテルノなのか…。

エテルノはずっとゴールド感保てるなら、かなりやってみたいですねぇ。

 

 

まとめ

トライアンフスチールの状態変化でした!

 

ダブルソールなので、ダメージを受ける度合いはシングルソールのビンテージスチールより高いですねーやっぱり。

 

こちらの方が早く劣化していきそうですが、引き続きどうなるか、検証していきたいと思いますよ!

 

※ちなみにトライアンフとディンケRIOのスチールは違うんやな…って気づいた時の比較記事はコチラです。