首藤革靴出張所

いっけなーい!遅刻遅刻! 私、首藤。ハインリッヒディンケラッカーが大好きな物欲丸出しの30代!!革靴沼にズブズブだったけど、革靴だけじゃなくファッション全般に興味が出ちゃってもう大変!一体私、これからどうなっちゃうの~!?!?

【開封の儀】出会いは突然!諦めかけてた思いに火が点いて衝動的にやりました後悔はしていないッ…!目指せ首藤東欧靴パラダイス!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お前の衝動的はもう聞き飽きたって?…へへ。俺もそうだぜ?

 

 

ここまで来たらもう衝動的じゃないのでは

衝動的衝動的言ってますけどお前一年に何回衝動が訪れる体質なんだっていう話。B’zかお前は。どんだけ衝動が来るんでしょうか。ここまでくると衝動というかもはや何らかの病状なのでは。そのまま病床にふせった方がいいのでは感がありますが、首藤は頑なに言い続けましょう。

 

今回も衝動的にやりました!だが後悔はしていない!!

 

もう耳タコで聞き飽きたかもしれませんけどまあ聞いてくださいよ。

 

ものっすごい欲しかった靴があって、いつかは手に出来るといいかななんて思ってたところ、その靴ブランドの取り扱いが終了になって、それでも価格はゲロ高だから手が出ないななんて、でもこれからお金を貯めてそれまでに在庫が残っていれば欲しいななんて、そう夢想してしまうぐらいには、欲しかった靴なんですよ。

 

それがまさかの。

 

USEDで。マイサイズで。状態も超絶良くて。ビビるぐらいお手頃な値段で。

 

出てきちゃったわけですよ。そりゃ買うでしょう。

 

あとはもう覚えてないです。気づいたらDM送ってまだ在庫ありますかBOTと化した首藤は光の速さで購入をしたようです。そういう感じの履歴がメールボックスに残ってました。

 

でもいいいんだ。

 

懐は寂しくなったけどこの心は寂しくない。

むしろ寂しくなった懐の穴を埋めるようにこの靴がスッと溶け込んでくれた気がします。バファリンの半分を占めている有効成分が胃を守ってくれてるような、そんな優しさを感じます。

 

 

過去にこんな記事を公開して中古についてあれこれ書きましたけど、一応今回の自分のポリシーに沿って購入したつもりです。

 

自分のポリシーを超えてくるような、素晴らしい靴に出会えたので、衝動的になるのもしょうがないですね。

 

そうなんです。しょうがないんです。靴バカですし。

 

ということで言い訳はこの辺にして開封の儀を執り行いたいと思いますよ。

そもそも誰に言い訳してんだって話なんですけども。

 

いざ、開封の儀!

相変わらず発送が早くて助かります。ホントありがとうございます。

発送が早すぎて嫁がいるときに受け取っちゃったのもご愛嬌。ホントありがとうございます。

 

嫁「なにそれ靴買ったの?」

首「え?」

嫁「新しい靴?それとも修理?」

首「修理です!(キリッ」

 

迷わず言ってやりましたよ。修理ですってね。ハンバァァァァァァァァグ!!!

 

今回はハーフラバー貼ったことになってます。もうラバー貼る靴もないレベルなんですけどね。

ちなみに嫁はどの靴がハーフラバーとか知らないので、どれに貼ったの?って聞かれたらダミーを用意しとくぐらいの用意周到さです。ファルコン並に頭がキレ過ぎる自分が怖い。敗北を知りたい。

 

ということで改めて、段ボール開封!!

 

めちゃくちゃプチプチにくるんでくれてるーーーー!

これだけあれば靴に傷つくことはないですね。ほんといつも最高やでェ。

 

見えてきましたよおおおおお

 

フォオオオオオオッ…!!(焦らシズム

 

 

クウウウゥゥッゥゥゥウウウウウ!!!

 

 

こ、これは…!トゥンク…

 

 

やってきたのは…こいつだーーーーッ!!

LUDWIG REITER Plain Toe Cordovan Kastanie

 

ルーディックライターのコードバンプレーントゥ・カスターニエ!!!ッだアアアァアアアァァーーー!!!

 

か、かっこウィーン…(オーストリアだけに

 

超絶かっこよくないですかこれーー!

ほんとルーディックは憧れの東欧靴のうちの一つだったので、まじでいつかは欲しかったんですーーー!!

  

正真正銘のルーディックライターですよ。

黄色っぽいオレンジっぽい独特のライニングカラーが特徴的です。

 

首藤の好きな3アイレットプレーントゥ=Vフロント!

しかもディンケにもオールデンにもないカスターニエ(栗色)という謎カラーコードバン!たまりませんぜ…!!

 

USEDですが状態も超良好!

数回短時間しか履いてないんじゃないかレベルです。

 

ケツは結構寸胴系ですね。このあたりの履き心地がディンケとどう違うのか、楽しみなところです。 

 

まとめ

ということで新たな東欧靴が我が家にやってきました。

ハンガリーに続いてオーストリアのお靴です。

 

ルーディックライターでもピンポイントでこのモデルが一番欲しかったので、こんなミントコンディションのマイサイズを見事射止められたのは僥倖でした。

 

これは衝動的になっちゃうのもしょうがない。

 

やはり首藤は東欧靴が好きなようなので、これを機に東欧靴パラダイスを目指そうと思います。(安易)

 

この春に相応しい靴をゲットできたと思います。

履き下ろしが楽しみですよー!