首藤革靴出張所

いっけなーい!遅刻遅刻! 私、首藤。ハインリッヒディンケラッカーが大好きな物欲丸出しの30代!!革靴沼にズブズブだったけど、革靴だけじゃなくファッション全般に興味が出ちゃってもう大変!一体私、これからどうなっちゃうの~!?!?

【便利グッズ】全ドライヤー中コスパ最強説!小泉成器(コイズミ)のモンスターをリピート買い!風量重視の方におすすめの爆風速乾ドライヤー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shudo_ktr:20210124161858j:image

また買わせていただきましたモンスター!!リピート買い!!

 

2019年にも一回おススメしてるんですけどもね。

最近なんかこの記事が妙に読まれているみたいで不思議です。革靴ブログなんですけども。笑

靴バカでドライヤー探し求めてる人多いんでしょうか。

 

アップデート版ということで改めて、ハイパー爆風ドライヤーKOIZUMIのMONSTERをご紹介しますよー!

 

風量重視&コスパ重視と言えばこれ。ドライヤーに悩みたくないおじさんの味方。特にこだわりを持ってない方はとりあえずドライヤーはこれを買っておけばOKですという代物。

 

朝に弱くて1分でも時間が惜しい方、髪を乾かすのがめんどうだから爆風で何とかしたい方、ドライヤーを新調したいけど特にこだわりのない方、そんな方におすすめです。

煩わしいヘアドライの時間を爆風で何とかしましょう。力技で解決だ!

 

  

 

コイズミ モンスターとは?

f:id:shudo_ktr:20210124161827j:image

モンスターとは、ドライヤー界の風雲児・小泉成器が送る爆風ドライヤーのことです。

 

そのウリはなんと言っても爆風。破壊的な風量で髪を乾かしてくれます。むしろ特筆すべき特徴はそこしかないと言っても過言ではありません。笑

風量一点突破のステータス全振りなので、ヘアドライの時短が最大の魅力と言えましょう。

 

首藤もスイッチ入れた瞬間頭吹っ飛ぶかと思いました。はじめの一歩唐沢戦でいうところの「俺の頭ッ…!?あるッ…!」状態です。温泉にあるドライヤーとかまじでそよ風に感じます。

 

爆風過ぎてワキ毛とかも一瞬で乾かせます。

クールモードにすれば風呂上りで汗ばんだ体にちょうどいいピンポイント扇風機にもなりますしめっちゃワキ毛も乾かせます。

さらにワキ毛も一瞬で乾かせちゃうのでかなり素晴らしいですね。何よりワキ毛がすぐ乾きます。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161812j:image

ダブルファンが内蔵されており、それがうまく連動することで爆発的な風を生み出します。

 

余りにも爆風が過ぎるので、シリーズのイメージキャラクターはいつもこの方。

 

そう。西川先生です。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161855j:image

首藤が購入したのはたぶんHPにある最新型のものではないので、風量が2.0㎥/分となっています。

 

ちなみに一般的なドライヤーの風量は1.1㎥ /分~1.5㎥ /分で、1.5㎥ /分を超えると風量があるとされていますので、その爆裂具合がよくわかるかと思います。

 

もちろんものによってはもっと風量のあるドライヤーもありますし、2.5㎥/分を超えるレベルのやつもあるんですが、そうなるとお値段が2万とか普通に超えてきちゃいますからね。個人的にはさすがにドライヤーにそこまでは出せないかな…という感じ。

 

 

中身はこんな感じ

f:id:shudo_ktr:20210124161832j:image

もうパッケージの時点で物々しいですもんね。

なにこのオーラ。豪鬼なの?殺意の波動にでも目覚めてんの?ドライヤーのパッケージじゃねえだろこのゆらゆら。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161754j:image

中は普通ですね。付属品等特になしの超シンプルなやつ。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161749j:image

ちなみに説明書がたくさん。色んな国の言葉のものが付属してます。考えようによっちゃユーザーに優しいですけどね。いるかなこれ。

 

細部を見てみよう

f:id:shudo_ktr:20210124161839j:image

ドライヤーの全貌です。赤いボディが毒々しさを放っています。クールですね。洗面所でひときわ存在感を放ってくれます。

黒とか白もカラバリにあったはずなんですけど、首藤は特にこだわりもなく一番安かったのでこれにしました。(Amazonはカラーによって値段が違う場合があります。)

 

f:id:shudo_ktr:20210124161801j:image

ロゴ。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161745j:image

ダブルファン構造です。これが成人男性の頭を吹っ飛ばすほどの爆風を生んでいます。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161808j:image

このフィルター割と埃溜まりやすいのでこまめに取った方がいいです。結構風量落ちます。

回せばカポっと外せるので、外して掃除機で吸うとよろしですね。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161902j:image

手元のボタンはオンオフとモードの上げ下げ。

 

f:id:shudo_ktr:20210124161822j:image
電源オンでターボからスタートです。爆風モードですね。

デフォルトから爆風設定とかまじコイズミさんさすがって感じです。最初から本気でいけよという強いメッセージを感じますね。背中押されるぅぅぅ。

 

▼ボタンでモード下げていくと、ハイとロー、そしてクールに切り替わります。まあこの辺は何の変哲もない普通の機能ですね。というかこのドライヤー変わった機能ないので特に紹介するところもないんですけどね、爆風以外。

 

 

モンスターのいいところ!

f:id:shudo_ktr:20210124161848j:image

  1. 2.0㎥/分の圧倒的風量で乾くのが超速い!
  2. コスパ最強!(値段がめちゃ安)
  3. 風量で乾かすので熱くない!
  4. 掃除がしやすい

 

正直風量で言うともっとすごいのはいっぱいあるんですよ。後ほど紹介しますが、2.5㎥/分超えてくるヤツとか結構ぶっ飛んだやつはあります。しかしながらそういうのは総じてめっちゃ高い傾向にあります。

 

モンスターが一番優れているのはこの風量でこの価格はやばい!というところ。上記のような一般的なハイスペック系のドライヤーは2万円を軽く超えてきますが、モンスターだと4000円前後で購入できます。やばすぎません?

 

革靴で言うとRAYMARみたいな感じでしょうか。この値段でハンドソーン??みたいな。改めましてドライヤー界のRAYMARことモンスターです。

この価格帯でこのレベルの風量ってのは中々ないので、低価格帯の風量重視のドライヤーをお求めなら間違いなくモンスター一択ですね首藤は。

 

 このドライヤーの一番の特徴と言えばこれ。何より乾くのが早いです。
Amazonでは「乾燥時間を約40%カット」と書いてありますが、正直首藤の体感ではもっと早いです。
マジで3分の1ぐらいになりました。(元々の設備や個人差はあると思いますけど)

 

前回記事でも上記のように書いてるんですがまさにこの通り。

過去のドライヤーに比べて髪の乾かすスピードが3分の1ぐらいになりました。仮に9分かかってたとしたら3分になるわけです。朝の6分はデカい。

 

モンスターのあんまりよくないところ!

f:id:shudo_ktr:20210124161815j:image

  1. 音が結構デカい
  2. 普通のドライヤーよりは重め
  3. フィルターに埃が溜まりやすい

 

あんまりよくないところとしては上記が挙げられますかねー。

結構ドライヤーの中では音はデカいと思います。点けた時、おお、中々やんけって思ったので。笑 今じゃもう慣れてしまって全然気にならないですけど。

元々静か系のドライヤーを使われている方は音おっきいなーと思うかもしれませんね。

ドライヤーの条件に静音性を求める方には向いてないかもしれません。

 

あとはどちらかと言えば重たい部類に入ると思います。レビューでもちょっと重たいみたいなレビューはちょいちょい見かけます。

こちらの重さは表記上で675グラムとなってます。他のドライヤーも500~600グラムあたりがボリュームゾーンなので、そこまで特別モンスターだけが重いという感じはしなくもないですが、髪の長い女性だと長時間持ったりしますし、子供とかだとちょっともしかしたらその僅かな差で重たいと感じてしまうのかもしれないですね。

ちなみに成人男性だと全く気にならないと思います。

 

モンスター以外に購入候補になったドライヤー

f:id:shudo_ktr:20210124161740j:image

首藤はもうモンスター大好きマンなのでほぼほぼ何も考えずおかわりしてしまったんですけど、購入した後に「あーこれもよかったかなー」みたいなやつがあったので一応ご紹介しておきます。

  

 

まずはSALONIA(サロニア)のスピーディーイオンドライヤーですね。

こちらは価格帯が5000円前後(カラーによっては4000円台後半)。そして風量がなんと2.3㎥/分モンスターを超えてくる超強風もはやタイフーン

そして見た目がミニマルでめちゃくちゃオシャレでという死角なしのスペックです。

 

正直モンスターじゃなくて1000円上乗せしてこっちの方がよかったんじゃね…?って思ったりもしましたが後の祭りです。笑

価格ではモンスターの勝利ですがより強い風量を求めてしまう風の子首藤的にはこちらもかなり気になるので、次タイミングがあって買うならこれが第一候補になる気がします。 

  

 

お次はTESCOM(テスコム)のプロテクトイオンヘアードライヤーです。

こちらは価格は5960円(ブログ掲載時)とモンスターよりは2000円程お高い設定になっていますが、なんと風量は上記のサロニアより強力な2.5㎥/分!大風量の名に相応しいパワーをお持ちなやつです。

2.5㎥/分となるともはや2万とか超えてくるドライヤーと同レベルいやもしくはそれ以上の風力です。なぜこの価格でそれが実現できるのか意味不明なレベル。

 

モンスターから乗り換えた方のレビューなんかでは「風量にそこまで違いは見受けられなかった」とのコメントもあるようなので、0.5㎥/分の差がどれほどのものなのか測りかねるところはありますが、レビュー全体としては風量はすごめという意見が多数を占めている気がします。

 

この辺りは正直値段と機能の兼ね合いでどれを重要視するかで変わってくるかとは思いますが、風量重視の首藤としては次買い替えるときの感覚で6000円ぐらいならまあいいかなという気分になればチャレンジしてもいい気がします。

 

でも今のところの気分では上記のサロニアが一番バランスとれていていいのでは?という気持ちになっています。コイズミのモンスターの紹介なのに何違う商品推してんだとという気がしないでもないですが、やはり比較商品は気になるかと思いますのでこの辺りは正直にお伝えしたいと思います。笑

 

現時点では、価格で選ぶならコイズミのモンスター価格と風量のバランス&見た目のスタイリッシュさで選ぶならサロニア圧倒的風量で選ぶならテスコムという感じでしょうか。

 

その辺は用途や好みに応じてご検討いただくとよろしいかと思いますよ。

 

まとめ

f:id:shudo_ktr:20210124161819j:image

ということで今回は革靴ブログ書いてるやつがおススメするヘアドライヤーのお話でした。

 

首藤のように「ドライヤーなんて早く乾けば何でもいい!」という特にこだわりのないあなたに超絶おすすめです。笑

そういう方はもう何も気にせず何も調べずとりあえずモンスター買っておきましょう。幸せになれます。失敗する要素がない気がしますこれ。

 

ちなみに実家にもプレゼントしたところ「乾くのクソ早い!ヒャッホーゥ!!」と母が喜んでいましたのでちょっとしたプレゼントにもおすすめですよ。価格帯もリーズナブルですし。