首藤革靴出張所

いっけなーい!遅刻遅刻! 私、首藤。ハインリッヒディンケラッカーが大好きな物欲丸出しの30代!!革靴沼にズブズブだったけど、革靴だけじゃなくファッション全般に興味が出ちゃってもう大変!一体私、これからどうなっちゃうの~!?!?

【ハワイレポ 番外編】Leather Soul(レザーソウル) ダウンタウン店での試着の様子!たくさんのALDENの中から好きな靴を選んでゆっくり試着出来る贅沢さを満喫!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

もうハワイレポも最後かな?とか言ったな!あれは嘘だ!

というかこれは番外編だからセーフ!いわばスピンオフなので全然違う感じです。

内容も結構大したことない感じなのでセーフ!全然靴履きましたーっていうだけの話なのでセーフ!大したことない記事なのでー!セーフー!はいうるさいー!

 

 

レザーソウルダウンタウン店に行ったんです  

もはや言うまでもないですが何度でも言いましょう。

レザーソウルダウンタウン店に行ったんです首藤は。レアでしょうそうでしょう。

 

ちなみに行き方とショップレポートはこちらからどうぞ。

 

ワイキキ店で満足しがちなところを、敢えてのダウンタウン店から先に行くという王道の逸れっぷりです。

 

というかダウンタウン店は場所がエグい。

ワイキキ店だったらショッピングセンター内にあるのでついでに行けますけどここは中々ですよ。ダウンタウンというもうハワイのオフィス街みたいなところにありますからね。中々観光客もこれないでしょう。

 

カメハメハ大王みてチャイナタウン来るぐらいの方じゃないと来ないと思いますよ。

…あれ?じゃあ結構これるな?

 

ダウンタウン周辺はハワイの歴史も感じられますし、ダウンタウン店はトロリーで30分ぐらいの距離なので、ちょっとこうシックな日を作るのは如何ですか。

ハワイ出雲大社→カメハメハ大王→ダウンタウン→チャイナタウンみたいなルートで行けば大いに観光も堪能できると思いますよってなんの宣伝してるんですかね。

 

とりあえず意外に日本のオールデンラバーの方もあまり行ってらっしゃらないイメージがあるダウンタウン店、めっちゃいいですよということを伝えたかったのです。周りの観光名所も渋いですが素敵ですので是非皆様も次回の訪問の際にはどうぞ。

 

ダウンタウン店では二足のオールデンをゲッツ!

漢なら即買いということでね。首藤も買ってしまいましたよ二足。

次に行くワイキキ店での体力を残しておけばいいものを、もし好きなのなかったら後悔するかもしれない…!という気持ちでもうダウンタウン店で購入してしまいました。こういうのは一期一会ですしね。いい出会いだと思ったら買うのです。特にこういう旅行の時は。

 

紙袋にMAHALOって書いてますね!

これハワイ語でありがとうの意味なんですけど、首藤全然意味知らなくて、ダウンタウン店で購入して帰りに店員さんに「MAHALO~!」って言われたんですが「んふふ~」って返しました。どんな回答をするにせよんふふはねえなって今では反省しています。

 

そして購入したのはこの二足! 

 

リジェクト品のミシガンブーツとシボVフロントの940Cですね!

ミシガンブーツは別ペアで左右差ヤバヤバだったりしましたけど、どちらもほんと良い靴かったなぁ。

940Cなんかマイナー過ぎて最高ですよ。たぶん#alden940c のタグでインスタに投稿してるの現時点で首藤だけですからね。笑 こういうの大好きですほんと。

 

まあ当たり前ですが、この二足は試着して買ったんですけど、ダウンタウン店での試着の様子って中々ないと思うのでスピンオフとしてちょっとだけお届けしたいと思います。

ハワイレポの間にいれようとも思ったんですけど、先に買った靴わかっちゃうのも開封の儀の楽しみがなくなっちゃうかなー?とか誰も心配してないようなことを一人で心配してしまったのでこのタイミングになっちゃいました。笑

 

足元の画像ばかりなので特に参考になるものはない気もしますけど、空気感を楽しんでください。笑

 

レザーソウルダウンタウン店での試着の様子!

夢の楽園への扉です。さあ一歩踏み出すのです。

 

扉を開けた先には広がるオールデンの群れ。

渡り鳥のように横一列に広がった優雅な御姿です。越冬しちゃったのかな。そうなのかな。

 

そしてまず目を付けたのはディスカウントコーナー。笑

安い物には目がないですからね首藤は。

 

タッセルローファー!…はサイズがないですね。1サイズなんですね。しょうがないです。

じゃあこのブーツは?履いてみますか!(ちなみにこの時点で全然ユティカのミシガンブーツの価値をわかってません)

 

ということで革張りの恐ろしく気持ちのいいシングルソファに座ります。

はっきり言いますが高級過ぎて落ち着きません。笑 

明らかに不釣り合いな気しかしません。これが滲み出る貧乏オーラか…!!くそう!

 

ちなみに右側に見えるのが入り口すぐのオールデンを展開してる棚ですね。ここはその真裏になります。

横にはチェホンマンが足を伸ばして寝れそうなサイズのソファがあります。

この調度品の色のバランスがカッコよすぎるのとやはり場違い感がすごいので、「ジャイアント白田も寝れる…かな…?」ということしか頭が回りませんでした。

なんでどれぐらいの身長のデカい人でも寝れるなという考えをずっと巡らせていたのは自分でも不明です。

 

ミシガンブーツを試着!

そしてまず試したのはこちら。ミシガンブーツ。

 

レザーソウルの長めのシューホーン。エイジングが素敵です。欲しい。

 

サイズは8.5だか9.0ぐらい。

んーさすがにデカい。でも今考えるとこっちなら左右差あんまりないので、これはきっと同時期のペアだったんでしょうね。笑

良い感じの雰囲気はするんですが如何せんサイズが…と言うと「OK、ちょっと待ってね」と言われ何か取りに行きました。

 

奥側の壁面はこんな感じ。

上部見るとわかりますが、この収納部分にオールデンのストックがずらっと並んでおりました。

梯子をかけてなにやらごそごそとやっておられる様子…。

 

出てきました8.0ー!あるんかいー!ディスカウント品なのに別サイズあるんかいー!

 

最初はうーん、まあ普通のブーツ?横顔もいいけどやっぱブーツならタンカーかインディーかなー?なんて思ってました。

 

履いてみます。

おお、程よく気持ちいい。そしていい顔してる!

 

「若干大きいかなー?」と言うと「集めの靴下履いたら多分大丈夫だよ」と言われ、自分がアヤメソックスの薄手の履いてることに気付きました。

確かにブーツソックス履いたら全然いけそう!8.0なのに!すごい!首藤バリーで6.5とかでも履けるんですよ。全然違うんですねぇ…。

 

この時点で生産終了モデルとかなんかそういう情報は全然なかったんですが、何度か履いてみて、牧歌的だけどワイルドな出で立ちに何とも言えないかっこよさを感じてくるようになってしまい、価格が安かったことも手伝って結局購入することにしました。

 

3アイレットPTB(940C)を試着!

ミシガンブーツの購入を決めたあと、こんだけ安いならコードバンじゃないモデルもう一足ぐらいいけそうだなと何故か強気になり、再度オールデンの渡り鳥コーナーへ。

そこで目にとまったのがこれ。

 

アルパインカーフコーナー。

 

なにこれ何この右のVフロント…!!アウトサイドのグラマラスなくねり具合といいナチュラルウェルトの存在感といいVフロントの誠実さといい、何よりシボ革×コマンドソールじゃん!!!なにこれヤバヤバのヤバじゃないですか!!

 

と一瞬で虜に。

いやいや落ち着けと思い、逸る気持ちを落ち着けながら他のモデルも見回しましたがやっぱりこれがダントツで惹かれる…。

今思い返すとやっぱりレザーソウル別注のやつとか買っておけばよかったかな?とか思わないでもないですが、たぶん何度やり直しても首藤はこれを選ぶと思います。笑

 

すね毛失礼仕る!!

 

履いた瞬間の足当たりの感触。サイズとかじゃなくてたぶんラストが合ってる。

最初に履いたのはワンサイズ大きいものだったんですが、それなのにこれはすごいと思いましたね。これは絶対欲しいなって。

 

そして新しいサイズを出してもらって再度試着。

フィッティングを見てもらいながら「うん、これなら大丈夫そうだね!」とお墨付きをいただきました。

 

というのもバリー6.5、モディファイド7.0(6.5もいけるかな?)という首藤がこの靴で合ったのが7.5だったのです。ラストはハンプトンラストですね。

ミシガンブーツの時といい、中々予想と違うサイズ感にオールデンは試着をしたほうがいいなぁと改めて思ったのでした。

 

見てくださいこのアッパーとウェルトの色合い。そしてそれに合わせたかのようなブラウンの靴紐。通常よりかなり細いロウ引きのタイプです。

色のバランスがかっこよすぎる…。そしてハンプトンラストのグラマラスな曲線がそれに拍車をかけて…これ以上は靴紹介で好きなだけ書きましょうかね。

 

最後に上から。

うん。超絶フィット。そしてかっこいい。何よりこの靴自体が首藤に合っている気がする。自分で思うってことは相当ですね。いい出会いでした。

 

まとめ

しっかりと優雅な気分で試着を堪能させていただきました。

サイズも合ってないなと思ったらすぐ別のサイズを出してくれて、「これならどうだい?」という感じで色々と提案してくれる感じです。まさに親身な接客と言った感じ。

 

こちらの拙い英語もバカにすることなく頑張って聞き取ろうとしてくれる感じといい、わかりやすい英語でゆっくり話してくれる姿勢といい、時折見せるちょっとおちゃめな感じと言い、ハワイ紳士ハンパねぇな…と思いました。笑

 

心の底から堪能させていただきましたよ。

オールデンのモデル数は確かにワイキキ店より少し少ないかもしれませんが、この優雅な時間や高級感溢れる独特な雰囲気は一度体験する価値ありです。

 

普段ネットで靴を買うことが多い首藤ですが、こういう時間にお金を払ってお店で購入するのはやっぱりいいものだなぁと思えました。店で購入するってやっぱりこういう部分にお金を払うってことなんだと思います。

 

次もしハワイに行くことがあっても首藤は必ずレザーソウルダウンタウン店に行く!絶対にだ!!そしてまた嫁に単独行動を相談する!!絶対に無理だとわかっていてもだ!!

 

 

楽天で見つけよう理想のALDEN!