首藤革靴出張所

いっけなーい!遅刻遅刻! 私、首藤。ハインリッヒディンケラッカーが大好きな物欲丸出しの30代!!革靴沼にズブズブだったけど、革靴だけじゃなくファッション全般に興味が出ちゃってもう大変!一体私、これからどうなっちゃうの~!?!?

【シューケア】オールデンLWBのコードバンブルームケア!ワックスやクリームはしっかり落として冬眠させないと衣替えしたことにならない説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まっちろけっけだーーーーーー

 

 

 

そういえばそのまま仕舞ったな…?

ちょっと前に冬になったのでRIOのプレーントゥのスリープシャイン(冬眠ケア)を行いました。 

 

雪国では冬が来て雪が積もったり路面がぐちゃぐちゃになると、ラバーを貼ってないレザーソールの靴は必然的に長期休暇に入るわけですけど、その時に古いクリームや古いワックスをそのままにしておくと革に良くない(らしい)ので、しっかりと綺麗サッパリにしてからお休みいただく必要があります。

 

ということに冬もいい感じに深まってきた時期に気づいて、RIOのプレーントゥのケアを急遽行って満足してたわけですけど、首藤は衝撃的なことに最近気づきました。

 

…あれ?オールデンのLWBってケアしたっけ?

 

したっけ?とか言いながら本当は気づいてるんですよ。してないんですよ絶対。

もう感覚でわかります。あれ?家の鍵しめたっけ?とか今車のキーロックしたかな?みたいな曖昧な感覚じゃないんですよね。

した記憶すらそもそもないと断言できます。明朗快活な記憶領域が物語っています。

 

オールデンLWBは、ワックスバリバリにコーティングされたまま、最後に普通に履きっさらしのまま、靴箱にINしているはずです。まさにインシテミル。

 

そして気付いた時にはすでに3月も半ば。

やばいよあともう少しで春よ来いの4月になっちゃうよ。4月なんてもう春だからレザーソール解☆禁みたいな空気感になるので、今更感が物凄いです。冬眠ケアて。

もう冬眠しているクマもそろそろ動き出す時期ですよ(知らんけど)。

 

どうしようもう今更かなと思いましたが、蓋を開けて実物を見てみて決意しました。

 

ああこれやった方がいいな…

 

実生活で言うと風呂入らずに疲れてそのまま寝ちゃったみたいなもんですもんね。

それで7時に起きるはずが4時ぐらいに風呂入ってないことに気づいたみたいなタイミング。

 

そのまま寝落ちしてもいいけど、寝汗も相まってべっちゃべちゃなのでやっぱシャワー入った方がいいなという状況。

自分なら絶対そのまま寝落ちしますけど、靴に関してはシャワーにぶち込んでやります。

寝てるところを起こして小綺麗にしてからまた寝かせようと思いますよ。だってブルームすんごいんですもん。

 

別に出て困るもんではないと思いますけど、余分な油分入りまくりってことですよね。

正直ちょっとブルームは出過ぎなレベルだと思いますし、そもそもワックスでコーティングされたまま数か月はあまり好ましくないので、もうケアするしか道は残されていない。というか別にケアは嫌じゃない。

 

そんな感じでこんなタイミングですけど、春の復帰まであとちょっとですが冬眠ケアを敢行します。

 

ブルームの状態を見てみよう

そもそもブルームと言えるのかどうかもわかりませんけども。

とりあえず、冬の北海道の室内保管において普通にワックスで磨いたコードバン靴をそのまま箱に仕舞っておくとどうなってしまうのか、というのを見てみましょう。

  

トゥサイドですね。もろワックスのってるとこですが、これはすごい。真っ白。

 

レースステイのパイピング付近も真っ白になってます。タンも若干ですかね。

 

ここはなんで出てきたんだろう?でも両足出てきます。

 

トゥはそこまででもないですね。

 

ウィングチップのブローグ部分などが結構白くなっています。

 

ヒールやべえええええ。美冬ですよこれは美冬。

 

真っ白ですねヒールすごい出てきます。

 

インサイド。やはりすごいな。

 

いざ、コードバンブルームケア!

まずはブルーム&埃落としでブラッシング

パラブーツならもったいないお化けが出てくるのでそのまま豚毛ブラシで押し込むんですけど、今回は油分が出杉内で困ってるので埃と一緒にサッサっと払っていきます。

 

サササーーーー

 

タン部分もね。埃たまってますからね。箱に仕舞ってたのになんでちょっと埃たまってるんだろう。謎です。

 

ミラクリでワックスを落とす(全体的に)

そして登場のミラクリですね。

首藤の中で革命が起きたワックスクリーナーです。 

 

ゴリっとクロスにとって

 

塗っていく!!

 

ワックスを溶かすようにグリグリと回していきます。

真っ白だった部分を中心的に。ヒールもすごかったですからね。

 

ということで左足だけやってみました。

 

うん。取れた?かな?オールデンのコードバンて元からピッカピカなのですっぴんの状態がわからないんですよねぇ…

 

何もしてない右足と比べるとやはりマットな質感になっているので落ちているとしましょう。やり過ぎてもあれですし。

 

ということで右足もやっちゃいます。

ちなみに今回も前回のVASSのワックス落としと同じ二周使いました。

 

仕上げにステインリムーバーで全体をフキフキしますよ。

ミラクリの油分も一緒にふき取る感じで。

 

リッチモイスチャーでバランスよく保革!

出ましたの得意のリッチモイスチャー。

 

リッチモイスチャーは本当に万能でまじで一個あると便利だなーと感じます。

首藤はコードバンに限らずプレメンテでは絶対に使いますし、コードバンのこういう長期保管ケアにもちょうどいいバランス感なので重宝しています。

おそらく春になって復帰一発目のケアにもリッチモイスチャー使うと思います。

 

そんなリッチモイスチャーを上からとろーり。はちみつみたいにかけていきます。(ハチの巣みたいだ東京ー)

 

あとは全体的にヌリヌリですね。伸びがいいので全体に行き渡ります。

 

両足ヌリヌリ完了です。

 

あとは一晩寝かせて浸透を待ちますよー。

 

 

一晩寝かせてブラッシング!

では一日寝かせたので、ブラッシングしていきます。

首藤が使うのは必殺化繊ブラシ。一番付き合いが長いせいなのかわかりませんが異常に艶が出ます。

 

馬毛だと柔らかいし豚毛だと何かなーみたいなときとか、仕上げに艶が欲しい時に重宝しています。今回の利用目的は前者。

 

ゴリゴリに塗り込みましたが、またちょっと浮いてますね。

 

でもブルームは消えていい感じの艶感になってます。革本来の艶感。

 

ではシャカシャカタイムいきます。

化繊ブラシなりの固さで押し込む感じでシャカシャカとやっていきますよ。

 

ブラッシングタイム終了!

 

ブラシ跡が残ってますが良き感じになってきました。

 

最後はクロスで乾拭き!

ラストは乾拭きです。余分なクリームを拭き取っていきますよー。

この最後の乾拭きっていつも思いますけど重要です。

 

今回に関しては特に余分なクリーム残ってたら意味ないですからねー。寒くなると成分が凝固してまた白くなってしまいます。

 

ササさーっとやりつつも三周ぐらい念入りにやって、フィニッシュ!

 

いいですねぇーー。乾拭き万歳。

 

冬眠ケア終了!仕上がりを見てみよう!

以上で冬眠ケア終了です。

ただワックスと汚れ落としてリッチモイスチャー入れただけですね。いつものフルケアより簡単です。

 

ギャラリー的に全体を見ていきましょうー!

 

うむ!いい感じです!

 

まとめ

また1~2か月後に出番が来るけど、その時までは安らかに…。100日後に履くオールデン…。

むしろ今まで全然気づかなくて申し訳ない気持ち。

 

晴れの日のエースなので今年もしっかり活躍してほしいです。

モディファイドラストしばらく履いてないので出番が待ち遠しいですねー。